読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anaマイルとお得な生活

陸マイラー初心者としてanaマイレージ獲得、家電、スマホの細かいこと・悩みごとを書いていきます

FXのロスカットについて

f:id:saveup:20161214222140j:plain

 

以前、FXのロスカットの原理について簡単に説明しましたが、説明が不足していることに気が付いたので追加情報を書きます。以前の記事は以下を参照ください。

 

saveup.hatenablog.com

 

ロスカットの仕組み

ロスカットされるのは証拠金がすべてなくなるときではなく、証券会社ごとに異なるロスカットレベル(証拠金維持率)を切ったときになります。このレベルについて以前は説明していませんでした。

 

で、実際にはどんな場合にロスカットレベルに応じてロスカットされてしまうのか、言い換えれば現時点からどれだけレートが変動するとロスカット発動されるかを見ておきたいと思います。一応、調べて書いてはいますが、間違っていたらごめんなさい。

 

ロスカットが発動される値幅の計算

前提条件

計算するために以下のような前提を置きます。

必要証拠金の計算

このときのドルは10万通貨($)×100円/$なので、1000万円分の価値になっています。

必要証拠金=通貨の円の価値÷レバレッジ

なので、必要証拠金は1000万円÷25=40万円となります。ただ、実際には各FX口座で違うようなので、使っている証券会社に聞いてください。外為ジャパンの場合は上記の計算式となります。

 

ロスカット基準額の計算

ロスカット基準額というものを計算します。

ロスカット基準額=必要証拠金×ロスカットレベル


今の場合は、40万円×60%=24万円となります。

 

ロスカットされるレートを計算

現時点での資産が53万円で、ロスカット基準額が24万円、通貨数量が10万通貨です。

ロスカットされるレート=(資産-ロスカット基準額)÷通貨数量

なので、

(53万円-24万円)÷10万通貨
=29万円÷10万通貨
=2.9円/通貨

 

なので、1$=100円から2.9円変動した場合ロスカットが発動されます。

 

ということでロスカットレベルと、それに応じてロスカットが発動されるレート変動の金額についてまとめてみました。ちなみに、外為ジャパンの以下のサイトは計算するのに役立つと思いますよ。

 

ロスカットについて|【FX・外為】FX取引の外為ジャパン|世界とつながる、未来が広がる。

証拠金シミュレーション|【FX・外為】FX取引の外為ジャパン|世界とつながる、未来が広がる。

 

 

広告を非表示にする