読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anaマイルとお得な生活

陸マイラー初心者としてanaマイレージ獲得、家電、スマホの細かいこと・悩みごとを書いていきます

マイルを結構稼ぐ還元系案件(2)

f:id:saveup:20161116213247j:plain

どうも。前回の続きを書きたいと思います。前回記事は以下を見てください。

 

saveup.hatenablog.com

 ドットマネーのゲームなどでマイルが結構稼げそうだと話しましたね。そして、最後にMVNO(格安スマホ)で実際にできるか?を試すということで話が終わりました。今日はその話を書きます。ただ、実際には現在も調査中でして、まだまだうまくいくかどうか試行錯誤中です。ある意味経過報告的な感じになります。

 

支払い方法の確認

ドットマネーを見ると以下3つのキャリア決済になっていることが多いです。

  1. docomoの「ドコモケータイ払い」と「spモードコンテンツ決済」
  2. auの「auかんたん決済」
  3. Softbankの「ソフトバンクまとめて支払い」

f:id:saveup:20161116212355p:plain

 

f:id:saveup:20161116212457p:plain

私はソフトバンクの3G携帯(ガラケー)を契約しているため、3ができるかなと思ってトライしてみましたが、3G携帯の契約ではできませんでした。。。なので、改めて各決済についてサポートセンターなんかに電話もしたりしながら情報収集してみましたよ。また、ソフトバンクはMMSなどでwi-fi対応が遅れる傾向があったので(と思い込んでいた?)、ソフトバンクからMNPしなければいけないかもと頭によぎっていました。そのため、docomoauの料金も少し詳しく見始めています。

考え方の前提

MVNOを使うために、以下のような前提を置いています。

  • キャリア決済ができる契約をキャリアと結ぶこと
  • その上で自宅などのインターネット回線(キャリア回線とは全く別物)で決済処理ができること

 

以下でそれぞれの決済を説明してみたいと思います。

docomoの「ドコモケータイ払い」

決済の紹介

docomoのキャリア決済は3つあります

  1. dケータイ払い+(プラス)
  2. ドコモケータイ払い
  3. spモード コンテンツ決済

1と2は「ドコモのケータイ払い」として以下のサイトに詳しく載っています。また、続けてとなりますが、spモードコンテンツ決済も次のサイトを見ると詳しく載っていますね。

ent.smt.docomo.ne.jp

www.nttdocomo.co.jp

「ドコモのケータイ払い」に含まれる「dケータイ払い+」と「ドコモケータイ払い」の違いは以下に説明されています。

ent.smt.docomo.ne.jp

主な違いは以下の点だと思います。細かく見れば違いがありますけれどね。

dケータイ払い+は、

  • クレジットカード払い(電話料金と別でクレジットカードから請求が来る)OK
  • spモードの契約が不要
  • wi-fi環境(非docomo環境)でもできそう

 

ドコモケータイ払いは、

  • 電話料金合算支払い(ただし、電話料金の支払いをクレジットカード払いにしていれば当然クレジットカードから請求が来る)
  • iモードかspモードのいずれかの契約が必要。
  • wi-fi環境(非docomo環境)でもできそう

 

spモード コンテンツ決済は、

  • 電話料金合算支払い(ただし、電話料金の支払いをクレジットカード払いにしていれば当然クレジットカードから請求が来る)
  • spモード契約が必要。
  • wi-fi環境(非docomo環境)でもできそう

私はドコモユーザーではないので、wi-fi環境で試したことがありません。なので、wi-fi環境でできそうと書きました。根拠としては脆弱ですが、

 

で、使えそうか?

すべてを見切れたわけではないですが、決済方法としては、spモードを要求する「ドコモケータイ払い」「spモード決済」が多く、この方法を使うためにはspモード契約が必要かなと思いました。

 

私はソフトバンクの3G携帯(ガラケー)を持っているので、この方法を使うことはできません。いや、もちろん新たにdocomoと契約すればできます。ただ、spモードがある契約で最も安そうなのは「メール使いホーダイ」でこれは(743円+300円=1043円(税別))の出費になります。基本的に出費は増やせないので、新たに契約することは考えていません。

  

MVNOガラケーの2台持ちで、ガラケーdocomoユーザーであれば、ガラケー側でspモード契約を結び、MVNOの回線を使ってもしくは自宅のインターネット回線を使って両決済方法を使えると思います。

 

この使い方ならdocomo回線を使わないので、安くすみますね。『wi-fi環境で「ドコモケータイ払い」「spモード決済」が使える』ことが前提とはなりますけれどね。なので、docomoガラケーを持っている人には使えると思いますよ。ただし、未検証です。

 

auの「auかんたん決済」

こちらはauのキャリア決済です。公式サイトは以下にあるので参照ください。docomoとは違ってキャリア決済をするのにspモードの契約が不要そうだ(?)という点で特徴的だと思います。

www.au.kddi.com

対象通信サービスが以下のようになっているためです。

  • au契約(スマートフォンケータイタブレット、データ通信端末のご契約)
  • auひかり」(au one netがプロバイダの場合のみ)、「auひかり ちゅら」契約

    auひかり」「auひかり ちゅら」については、2012年9月4日以降の新規ご契約者のみ対象となり、auかんたん決済のご利用に必要なau IDが発行されます。なお、お電話による契約お申込みの場合等、一部au IDの発行ができず、ご利用いただけない場合がございます。

  • Smart TV Box契約

    Smart TV Boxでは、auスマートパス等、一部のサービスをケーブルテレビ料金合算請求でご利用いただけます。

    • ※Smart TV Box契約は、ケーブルテレビ会社とのご契約となります。

そのため、auであればガラケーオンリーの料金体系で済むので、docomoよりも安くできますね。auの場合の最安なプランはプランEシンプルなのでこちらは743円(税別)。なので、docomoよりは少しだけ安くできそうですね。

あと、こちらもauの契約は必要ですが、au回線が必要とは書いてないですね。自宅のインターネット環境でもできそうな気がします。

 

長文になったので、今回はこのあたりで失礼しますね。次回はソフトバンクのキャリア決済についてみてみたいと思います。

 

 

 

広告を非表示にする