読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anaマイルとお得な生活

陸マイラー初心者としてanaマイレージ獲得、家電、スマホの細かいこと・悩みごとを書いていきます

FXとは何だろう

f:id:saveup:20161102232831j:plain

FXとは何か?CFDとは何か?

言葉の定義

FXとは外国為替証拠金取引というもので、Foreign eXchangeの略だそうですね。一方、CFDはContract for Differenceの略で金融派生商品に関する差金決済と呼ばれる取引方法だそうです。

そして、どちらも証拠金というお金を預けて取引をします。

FXとCFDの違い

FXはCFDの特殊版、CFDはFXの拡張版としてとらえられるもので、扱っている金融商品が異なっていますが、基本的な取引の考え方は同じです。

FXが外国為替のみを対象とするのに対して、CFDは株価指数、商品、債券など幅広い金融商品を扱っているという点が異なるようです。

 

FXやCFD取引の特徴

FXやCFDの基本的な特徴を以下にまとめてみますね。

基本的な取引方法

そして、基本的な取引は「差金取引」と言われるところに特徴があります。

通常の取引でドルを買う場合は、例えば以下のような取引を行います。

  • $1=100円の時に10000円出して実際に$100の現物を手にする
  • そして$1=101円の時に$100の現物を売って、10100円を手にする

結果として、利益は10100円から10000円を引いて100円の利益が出ます。

 

一方差金取引では、上記の「実際に$100の現物を手にする」や「$100の現物を売って」を相殺して取引をして、最終的に100円の利益を確定させます。

 

というように現物を利用しないところに特徴があります。結果として以下のような特徴があるようです(Wikipediaより)

  • 対面取引とは異なり、インターネット取引が中心のため、一般に低い手数料で、自分の判断で瞬時[1]に注文を出せる。
  • 売りから入れる
  • デイトレードが可能
  • レバレッジ
  • 金利調整額
  • 配当金調整額

差金決済取引 - Wikipedia

 

レバレッジとは?

この中で一番、怖さがあるレバレッジについて説明したいと思います。

例えば、最も当たり前だとは思いますが$1=100円のときに1,000,000円の現金あれば、$10000を購入することができますよね。しかし、レバレッジが効いている状況であれば、$10000以上の購入と売却が可能になります。これは現物を持たないからこそ仮想的にできることだと思います。

具体的には25倍のレバレッジが効いているとすれば、100万円の25倍なので、2500万円分のドル取引(この場合であれば$250000まで取引できるということを意味しています。

 

レバレッジを効かせた場合は上記のようなメリットもありますが、逆にデメリットもあります。それはロスカットといわれるものです。

先ほどの例を引き続き用いると、$250000を仮想的に持っているとして、$1=100円から円高に振れた場合を考えてみたいとおもいます。この場合ドル自体の量は変動しませんが、円換算後の円の金額が変わってきます。

  • $1=100円   2500万円
  • $1=99円    2475万円
  • $1=98円    2450万円
  • $1=97円    2425万円
  • $1=96円    2400万円

$1=96円になると2400万円と徐々に$250000の円としての価値が下がります。そして、この取引を始めた際にもっていた元手の金額は100万円でした。$1=96円に下がると、ちょうど2500万円の価値が2400万円へと減額されており、差額100万円の損失となっています。$1=98円、$1=97円であれば、損失は100万円以下ですが$1=95円、$1=94円となると損失が100万円以上になってしまいます。

 

なので、証券会社としてはこれ以上損失を出さないよう強制的にロスカットと呼ばれる行為を行い、$1=96円になったところで損失が出ないよう、元手の証拠金で損失をすべてないことにしようとします。

 

つまり、レバレッジを効かせれば効かせるほど、元の為替レートからの変動に対する許容度は下がり、ロスカットにより証拠金(元手のお金)が巻き上げられてしまいます。

また、急激な為替変動が発生すると強制ロスカットも十分に実施できないため、想定(証拠金)以上の損失(借金)も発生する可能性もあるようです。

 

また、実際には上記の計算よりも早くロスカットされることになります。ロスカットレベルが設定されておりそれによりもっと小さい変動でロスカットされてしまいます。これは新たに説明したいと思います。

結局取引をするためにはどうしたらよいか?

結局、為替変動に対するリスク(変動の分散・ブレ幅)をなるべく取らないようにするためには、レバレッジを下げるしかありません。しかし、レバレッジを下げるとうまい取引ができなくなるのも事実でそこも問題ですね。

あと、対応方法としては以下のようなことに注意が必要かなと思います。

  • 急激な為替変動がありそうな時期は取引をやらない(イギリスのEU離脱brexitや米国大統領選等)
  • 証拠金が余裕があればできるだけ入れておく
  • 取引金額を少額にする

とかが対応策になるかなと思います。

 どこのサイトで始めるとよいか?

これはもういろいろな会社の情報を調べるしかないですね。以下のようなサイトで情報を集めるのがよいと思いますね。

zai.diamond.jp

zai.diamond.jp

ただ、私の場合は以前の記事のに乗せたサイトがいいのかななんて思ったりもしています。

 saveup.hatenablog.com

 具体的には以下ですね。

  • DMM FX
  • 外為ジャパン
  • SBI FXTARDE
  • ヒロセ通商
  • JFX

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

↑クリックしてもらえると勇気が湧きます。

 

 

広告を非表示にする