anaマイルとお得な生活

陸マイラー初心者としてanaマイレージ獲得、家電、スマホの細かいこと・悩みごとを書いていきます

最大3.0%ANAマイル"相当"を貯める強烈なクレジットカード-MileagePlus MUFGカード

どうも。ユナイテッド航空マイレージプラス(mileageplus)というマイレージプログラムを何回かに分けて書いてきたわけですが、基本的にANAマイルの代替として使えるかなという感じでした。今回はそのMileageplusのマイルを貯められるクレジットカードを主に陸マイラー視点で紹介してしまいますね!!!

 

MileagePlusについては以下を参照ください。

 

saveup.hatenablog.com

 

saveup.hatenablog.com

 

 

f:id:saveup:20170227215057j:plain

MileagePlus MUFGカードとはどんなクレジットカードか?その概要

MileagePlus MUFGカード三菱UFJニコスと提携して発行する航空系のクレジットカードになります。カードの種類としては、以下の3つがあります。

年会費はいくらか?

一般カードは、どちらの国際ブランドも年会費が5000円(税別)。家族会員の場合は1名につき1000円(税別)です。ただ、楽Payを使うと税率をかけた金額から3000円割引になるようで、本会員1名+家族会員1名の場合は(5000+1000)×1.08-3000=3480円が年会費になりますね。なお、私と妻で「漏れなく」使おうとしているので本会員1名+家族会員1名としています。

 

ゴールドカードはどちらも年会費が15000円(税別)。家族会員の場合は1名につき3000円(税別)です。楽payを使うことを考えると、本会員1名+家族会員1名の場合の年会費は(15000+3000)×1.08-3000=16440円。結構しますね

 

一般カード並びにゴールドカードの基本情報の詳細は以下も見てくださいね。

MileagePlus MUFGカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visa|クレジットカードなら三菱UFJニコス

MileagePlusMUFGカード・ゴールドプレステージ・アメリカン・エキスプレス®・カード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

 

ユナイテッド航空のマイルを貯めるには?

さて、このクレジットカードでUAマイルを貯める手段としては何があるんでしょうか?大きくは以下の3つです。

  1. マイレージプラスモールのショッピングで貯める
  2. フライトでマイルを貯める
  3. ショッピングで貯める

1のマイレージプラスモールは以下のサイトを参照ください。楽天などで購入してもマイルが貯まるようですが、基本的にほかのポイントサイトなどとは違ってマイルの貯まり方が低いです。中にはとびぬけたものがあると思いますが、普段は使わないかなと思っています。

MileagePlusモール

 

2のフライトでマイルを貯めるについては実は現在調査中です。具体的にどんな感じで貯まるかはまた調査してご報告しますね~。

 

3のショッピングで貯めるがこのクレジットカードの良いところです。通常ですと100円で1UAマイルが貯まります。ここはふつうですが、リボ払い手数料があると一般カードの場合は1.5UAマイルを、ゴールドカードの場合は2.0UAマイル貯めることができます。リボ払い手数料を最小にする方法もありますので、今度説明したいと思います。

 

なお、今はどこ得とかで探してもキャンペーンがないのですが、独自にキャンペーンを行っていてゴールドカードだと最大29000マイル、一般カードだと14000マイル貯められるようですね。私も申し込みます!

f:id:saveup:20170227215537j:plain

MileagePlus MUFGカード 入会キャンペーン | クレジットカードなら三菱UFJニコス

 

で、何がよいの?

で、ここまでは100円で1.5UAマイルもしくは2.0UAマイル貯まるという1.5%還元もしくは2.0%還元のことを説明しただけでした。

しかし、以下の表を見てください。ANAで必要となるマイルとの比較です。

出発地 目的地 UA必要マイル数 ANA必要なマイル
日本 日本(300マイルまで) 10000 L:10000
R:12000
H:15000
日本 日本(800マイルまで) 10000 L:12000
R:15000
H:18000
日本 日本(800マイルより大きい) 16000 L:14000
R:18000
H:21000
日本 北米 70000 L:40000
R:50000
H:55000
日本 ハワイ 50000 L:35000
R:40000
H:43000
日本 欧州 90000 L:45000
R:55000
H:60000
日本 北アジア(中国等) 30000 L:17000
R:20000
H:23000
日本 中央アジア 70000 -
日本 南アジア
(東南アジア)
45000 L:30000
R:35000
H:38000
日本 オセアニア
(パラオパプアニューギニア等)
25000 -
日本 オーストラリア 45000 L:37000
R:45000
H:50000

 

『国内線のANAマイルに対する有利さ』を感じてもらえましたか?

 特に上から2行目のところですね。800マイル以内ならUAだと10000マイル。ANAだと15000マイル。沖縄以外の日本がこのマイル数で旅行できることになります。つまり、UAマイルをANAマイルに換算するという無理くりなことをすれば、マイレージプラス1.5倍ほどANAマイルより貯まると言えそうです。

 

なので

1.5UAマイル=最大2.25ANAマイル

2UAマイル=最大3ANAマイル 

 といえそうです。

これはとりもなおさず、還元率が2.25%ANAマイル、3.0%ANAマイルと言えるのでLINE Payよりも高還元といえます。しかも、一般カードにいたっては家族カードを発行したとしても3480円と格安ですしね。

 

ちなみに同じマイレージプラスで貯められるセゾンのクレジットカードもあります。セゾンの方は、概略としては以下のようになっているのであまりお得感がないですね。

一般カード:年会費1500円。 還元率0.5%UAマイル。1.5%UAマイルとするには年会費5000円(税別)が必要。なのかつ1.5%UAマイルとなるのは200万円まで。それ以上は0.5%UAマイル

 

ゴールドカード:年会費15000円。還元率1.5%UAマイル。

 

ということでMileagePlus MUFGカードの良さをお伝えしたつもりでした。

広告を非表示にする