anaマイルとお得な生活

陸マイラー初心者としてanaマイレージ獲得、家電、スマホの細かいこと・悩みごとを書いていきます

ライフカードはどのポイントサイトから申し込むのがお得か?【2018年1月版】(更新中)

f:id:saveup:20180105235737p:plain

最近特にポイントサイトで取り上げられることが多いライフカード。入会時も入会後もお得な使い方が満載です。このライフカードのポイントをたくさん貯めるための最もお得な申し込み方法をご紹介します。ライフカードが新規入会キャンペーンを展開していますので、今こそ申し込むチャンスです!今を逃すと手にできるポイント少なくなってしまいますよ!!!

 

ライフカードの特徴や基本的なメリットをご紹介して、新規入会キャンペーン、最もお得な入会方法の順で説明しますが、もう「ライフカードのことはだいたい知ってる」「早く申し込みたい」という方は最もお得な入会方法まで読み飛ばしてくださいね!

 (2018.1.6追記しています)

 

ライフカードの特徴は何?

ライフカードの基本情報

まずはライフカードの基本的な内容を説明しますね!

  • 年会費:無料(永年無料)
  • ポイント:LIFEサンクスポイントで、基本は1000円で1ポイント貯まる。ポイント価値は1ポイント5円。
  • マイル移行:Gポイント経由でANAマイル。dポイント経由でJALマイルに移行可能。ANAには直接交換可能だが、でも計算上は1ポイントが2.5マイルになってあまりお得感がない。
  • 初年度はポイントが1.5倍。翌年度以降も前年の利用金額によってポイントが最大2倍になる特典あり!(ステージ制、後で説明します)
  • 誕生月はポイントが3倍とお得(後で説明します)
  • プログラム期間(1年間)は50万円使うとポイントが300ポイントつく。
  • ポイント有効期限は5年と非常に長い。

 

ライフカードのメリットはポイント制度(ステージ制・誕生月・ボーナスポイント)にあり

ライフカードは継続的に利用する場合、上で書いたようにポイントが貯まるという点でおおきなメリットがあります。特に代表的なポイント制度について書いてみます!

 

ライフカードはステージ制プログラムで最大2倍(プレミアムステージ)とポイントアップ・還元率アップ

 「プログラム期間」の利用金額に応じて、翌年に貯まるポイントが1倍~最大2倍になるとってもお得なポイントアップ制度です。具体的には以下のように倍率が変わります。

  1. 1倍:前年が0円~49万9999円の利用金額
  2. 1.5倍:前年が50万円~99万9999円の利用金額
  3. 1.8倍:前年が100万円~199万9999円の利用金額
  4. 2倍:前年が200万円以上の利用金額

 

2倍は200万円以上なので月々16万7000円以上使わなくてはならないので、結構厳しめですが、1.8倍については100万円以上なので半額の8万4000千円くらい利用すればよいのでなんとか達成できそうな感じですね。

 

なお、初年度は1.5倍です!これはかなりお得ですね。

f:id:saveup:20180105010517p:plain

なお、「プログラム期間」とは入会月の翌月1日から1年間になります。初年度は入会月もプログラム期間に含まれるので、利用金額を積み上げるのに最大13か月ということになるので、初年度は比較的貯めやすいかもしれません。

 

www.lifecard.co.jp

ライフカードは誕生月のポイントが3倍で還元率は1.5%円相当

ライフカード最大のメリットである誕生月3倍のポイント制度。これを使わない手はありません。

 

買えるけれどもポイント対象外にならない、以下のようなものはなるべくライフカードでは買わないほうがいいでしょう。

  • キャッシングのご利用分、カード年会費リボ・分割手数料などは対象外になります。
  • EdyチャージnanacoチャージおよびETCカードご利用分弊社販売のJCBギフトカード購入分は、ポイント付与対象となりません。

 

もちろん、誕生月にまとめて買うように計画を立てることも大事ですが、計画だけではうまくいかないことがあります。なので、ほかの手段も活用するとよいですね。具体的には、次のようにするとかうまく使えると思います。

  1. POSAカードを購入してしまう。(要は家電量販店とかGoogleでつかえるようなプリペイドカード)
  2. au Wallet プリペイドカードにチャージしてしまう。

 

1点目のPOSAカードで、楽天ポイントギフトカードやAmazonギフト券を買うことにすれば有効期間が楽天ポイントギフトで6か月、Amazonギフト券で10年になるので今買わなくてもポイントを貯めることができてしまいます。vプリカもありかもしれません。有効期限は1年ですが。。。

 

2点目のau Walletプリペイドカードにチャージすれば、チャージした分だけポイントを貯めることができちゃいます。なので、誕生月にチャージすればいつもよりお得にポイントを貯められてしまいます。

 

こちらは基本的にはMasterCardとVisaで使えますし、au Walletプリペイドカードで買い物すればWalletポイントが貯まりますね!WalletポイントはANAマイルには交換できませんが、そのままプリペイドカードにチャージできるので、さらにお得に使えてしまいますね!

 

ライフカードで50万円以上使うとさらに300ポイント

ライフカードで年間(プログラム期間)に50万円使うと、ステージ制の特典に加えて300ポイントを貯めることができます

 

なので、先ほどのステージ制と合わせて考えると50万円前年に使っていて、今年も50万円使っていると、1.5倍+300ポイント=0.001×50万円×1.5+300=750+300=1050ポイント貯めることができます。なので、結局2年目は1050/50万円=0.21%となります。もともとが、0.1%なので(1000円につき1ポイントなので)、1.5倍から2.1倍へとパワーアップしてしたことになります。ちなみに100万円前年に使って、今年も100万円使った場合は1.8倍→2.1倍になります。

 

こんな感じでライフカードには通常利用でもかなりお得なポイント制度になっているのがわかると思います。

 

ライフカードで注意するところはANAマイルへの交換と海外旅行保険がないこと

ANAマイルへの交換ルートは実効的に還元率0.36%。誕生月でも1.08%とANAマイラーには不向き

ANAマイルに交換した場合にどれだけのポイントになるかを見てみたいと思いますが、その前に交換ルートを見てみると以下のようになっています。

 

 

基本的には1000円で1LIFEポイントで、これが最終的には3.6ANAマイルになります。ANAマイル還元率からすると0.36%マイルです。誕生月でも3倍の1.08%マイルなのであまりANAマイラーには向きませんね。

 

ただ、ANAマイルには向かないかもしれませんが、実はお得に利用できる交換先があります。AOYAMAギフトカードセットに交換すると、1ポイントが10円相当になるのでかなりお得です。

 

この場合の還元率を計算してみましょう。1000円で1LIFEポイント、1LIFEポイントが10円ということで、結局1000円で10円分が使えるので、還元率としては10/1000=1%ですね。これが、誕生月では3倍になるので3%という還元率になります。なので、こちらのほうがANAマイルよりはお得なように見えますね。もちろん1ANAマイルが10円以上の価値を持つときもあるので一概には言えませんが。。。

 

海外旅行の「保険」はないので注意です!インフォメーション センターがあります

ホームページを見ていると、「海外旅行をサポートする海外アシスタンスサービスLIFE DESK(日本語サービス)」があると記載されています。ただ、よくよく見てもらえればわかると思いますが、「保険」とは一言も書いていません。

このカードを持っても一般に言う海外旅行保険はついてこないので注意です。

f:id:saveup:20180105010618p:plain

 

無料のサービスもありますが、いくつかは有料サービスになっています。ただ、海外に不慣れでレストランを予約しようというときには使えますね!どんなサービスかは下で紹介されているので見てみるとよいと思います。

www.lifecard.co.jp

 

 

 

ライフカードはどこから、どのポイントサイトから申し込むのが最もお得か?

ということで、いろいろとライフカードの魅力を説明してきましたが、どうやってカードを発行すると一番お得なんでしょうか?また、どんなポイントサイトを経由して申し込むとお得なんでしょうか?

 

結論から書いてしまうと、ポイントサイト経由で申し込むのが良いです。早く入会手続に進みたい方は、最もお得な入会方法まで読み飛ばしてくださいね!

 

ライフカードを対面で申し込む。最大?ポイント

正直、店頭での申し込みでどれだけポイントがもらるのか?キャッシュバックがもらえるのかなどはわかりません。基本的に公式サイトから申し込むのと同程度ではないかなと思います。

 

ライフカードを公式HPから申し込む(入会キャンペーンで特典MAX3000ポイント=15000円相当=10800ANAマイル)

では、ライフカードを公式HPから申し込むときにどれだけポイントがもらえるんでしょうか?入会キャンペーンはどんな感じなんでしょうか?

 

この記事を書いている時点では最大3000ポイントですね。円に換算すると15000円相当で、ANAのマイルであれば10800ANAマイルです。2017年12月までは2400ポイント=12000円相当=8550ANAマイル(ポイ探で調べました)なので、結構今はポイントが上がっている状況ですね。

 

では、実際にどんな感じで最大3000ポイントになるのか具体的に見てみたいと思います。なお、ANAマイルへの換算は端数処理などはしてませんのであしからず。

 

特典1.カード発行で200ポイント=1000円相当=720ANAマイル相当

キャンペーン期間(2018年1月1日~2018年3月31日)に申し込み翌月末までにクレジットカードが発行されると200ポイント貯められます!!!これは楽勝ですね!!!

 

特典2.ショッピング利用回数と利用金額に応じて最大1200ポイント=6000ポイント=4320ANAマイル

こちら少し条件が変わっています。詳しく見てみますね。

f:id:saveup:20180105223008p:plain

まず、月間の利用回数についてみてみます。

  1. 月間3回~4回の利用:100ポイント=500円相当=360ANAマイル
  2. 月間5回~9回の利用:100ポイント=500円相当=360ANAマイル
  3. 月間10回以上の利用:200ポイント=1000円相当=720ANAマイル

となっていて1~3の条件を満たすことで最大400ポイント=2000円=1440ANAマイルを貯められます。

 

が、です。例えば1月に1と2の条件を満たした場合、2月に1を満たしても、2を満たしてもポイントはもらえません。2月以降は3を満たさないとポイントもらえません。なので、最も効率的にポイントを貯めるにはある月に集中して利用して10回以上の利用になることです。

 

 次に利用金額についてみますが、考え方は同じです。

  1. 月間合計5万円~10万円未満:200ポイント=1000円相当=720ANAマイル
  2. 月間合計10万円以上:600ポイント=3000円相当=2160ANAマイル

 となっています。同じ考え方なので、例えば1月に条件1を満たしてしまって条件2を満たしていないならば、2月以降は条件1を満たしてもポイントはもらえず条件2までしっかりと使わないとポイントがもらえません。

 

なので、利用金額に関しても最も効率的にポイントを貯めるにはある月に集中利用して、10万円以上の利用になるようにしなけれればなりません

 

なお、期間は入会3か月後の月末までとなります。

 

特典3.カードショッピングをリボルビング払いで利用することで400ポイント=2000円相当=1440ANAマイル

こちらも期間は入会3か月後の月末までになります。

1回払いのご利用を「あとからリボ」に変更した場合も対象となります』と書いているので、比較的少額のものを「あとからリボ」に変更すれば、この条件を簡単にかつ利息が少なく対応できそうですね。

 

2018.1.6追記

リボ払いにした場合の手数料の計算については特典9のところに記載しました。初月にもリボ払いの手数料が発生するので注意してください。

 

特典4.Apple Payまたはライフカ一ドiDでカードショッピングを3000円以上すると120ポイント=600円相当=432ポイント

Apple PayもしくはおサイフケータイのiDも対象のようなので、ライフカードiDを利用して3000円以上利用すれば問題なくポイントが獲得できますね。3000円の対象が税込みなのか、税込みではないのか多少気になるところですが。。。あと、この3000円分が月額の利用金額や利用回数にカウントされるのかも気になります。

 

2018.1.6追記

Apple PayやiDで購入したものも特典2にカウントされるようです。金額も回数も。

 

特典5.L-Mall利用で100ポイント=500円相当=360ANAマイル

L-Mallを利用で100ポイントのことですが、L-Mallの中には楽天やYahooショッピングなど普段使いそうなお店が含まれています。なので、こちらも条件を満たすのは簡単ですね。

 

Apple PayやiD利用と同じくこちらも特典2の利用金額や利用回数にカウントされるのかも気になります。

 

特典6.LIFE-Web Deskアプリをダウンロードの上ログインすると100ポイント=500円相当=360ANAマイル

アプリをダウンロードしてログインすればよいだけなので条件としてはこちらも楽だと思いますね。なおiphoneでもAndroidでもアプリは当然あります。

 

2018.1.6追記

LIFE-Web Deskで購入したものも特典2にカウントされるようです。金額も回数も。

 

特典7.Amazonでのカードショッピングをすると80ポイント=400円相当=288ANAマイル

こちらも有名どころのAmazonでの利用で80ポイントなので達成は難しくないと思いますね。

 

2018.1.6追記

Amazonで購入したものも特典2にカウントされるようです。金額も回数も。Amazonギフトまでは聞けませんでした。

特典8.携帯電話(docomoauソフトバンク)の料金をカード決済登録すると200ポイント=1000円相当=720ANAマイル

こちらも大手キャリアのスマホや携帯を持っている人には楽勝ですね。ただ、カード決済登録という言葉が若干気になりますね。登録だけして支払わなかったとかでもよいのかはちょっと確認が必要かも(実際にはダメでしょうけれどね)

 

2018.1.6追記

登録だけして支払わないというのは対象外のようです。あたりまえですね。

特典9.AUTOリボ登録で600ポイント=3000円相当=2160ANAマイル(注意喚起)

後程詳しく書きますが、結構この特典は危険かもですね。要注意です。

 

AUTOリボはその名の通りすべてがリボ払いになります。リボ払いの場合、利息が付かないように利用限度額までリボ払いの支払い額を上げる技があるのですが、このカードの場合はそれができるか少し心配ですね。最大3万円の支払い額設定になりそうです。

 

リボ払いの要注意事項がわかっている方はAUTOリボ登録をされるとよいかと思います。ライフカードのHPも参照してください。

 

2018.1.6追記

細かいことまで気になったのでコールセンターに電話しました。

  • 特典9はリボ払いの手数料が発生しないと対象にならないそうです。繰り上げ返済してしまうと対象にならないようです。
  • 電話すれば最大5万円の支払い額設定は可能。したがってリボ払いで手数料を発生させないための利用限度額までリボ払い支払い額を上げることは実質できない
  • 電話してリボ払いにかかる手数料計算を初めてしりました。後程説明しますが要注意です。

 

ライフカードのリボ払い手数料の計算方法

ライフカードは三井住友エブリプラスカードやMUFG Mileageplusカード、ANA Visaワイドカードなどと異なりリボ払いにかかる利息(手数料)計算が異なっており注意が必要です。

 

例を用いて説明すると、以下のようになります。

  • 1月30日に1000円利用(リボ払いとします)。そのほかは利用していないものとします。
  • 2月5日に締めます。なので、1/6~2/5の利用金額は1000円。1000円がリボ払いの対象となります。
  • 2月11日前後に請求額が確定する。
  • 1000円に対して実質月利金利1.25%がかかる。そのため、1000×1.25%=12.5円→12円。結果、支払い額は1012円。初月でも利息がかかることと、日割り計算がないことに注意です。
  • 支払日が27の場合は、2月27日に1012円を支払う。

※1000円と少額のため上記のようになりますが、正確なところはリボ払いのシミュレーションを参照してください。あくまでわかりやすいように説明しただけですので、、、

という感じで、エブリプラスカードなどと異なり、利用日から初回の支払日までに対しても利息がかかり、なおかつ日割り計算がないことになります。驚きでした。念のため約款を見てみると以下のようになっていますし、リボ払いの支払いシミュレーションも同様な結果になっています。

 

約款(http://www.lifecard.co.jp/card/kiyaku/master_kiyaku.html)

(4)1.リボルビング払いの場合、会員は、カードショッピングの締切日における日本国内及び日本国外での利用金額(現金価格)の残高(以下「利用残高」という)に対して、実質年率15.0%(実質月利1.25%)の手数料を支払うものとします。ただし、初回分の手数料は、利用の翌日から初回返済日までの日数にかかわらず1か月分とします。

 

リボ払いの支払いシミュレーション

www.lifecard.co.jp

 

一応仕組みはわかったので、100円ぐらい利用して、1円の手数料を発生させるのがいいのかもしれません。が、ちょっと躊躇してしまいますね。。。

 

 

ということで、長々と特典を説明してきましたが、最終的には公式サイトの入会キャンペーンから申し込むと最大3000ポイント=15000円相当=10800ANAマイルが貯まるということになります。

 

が、さらにお得な申し込み方法がありますので公式HPの入会キャンペーンから申し込むのはもう少し待ってください。

 

 

ライフカードを友達紹介経由で申し込む

公式HPを見ると「友達紹介」キャンペーンを展開しています。

www.lifecard.co.jp

f:id:saveup:20180106220331p:plain

友達には5000円分のVプリカギフト、自分には15000円相当のポイントが入ることになります。公式に単純に申し込んだときと、あまり変わらず友達が喜ぶ仕組みになっていますね。

 

ただ、あとで説明しますがポイントサイトから申し込むと自分の手取りはもっと増えます。最大25000円相当まであがるので、こちらを利用しない手はないと思います。以下を読んでくださいね!

 

ライフカードをポイントサイトから申し込む(100000モバトクポイント+3000LIFEサンクスプレゼント=250000円相当(10000円相当+15000円相当)=19800ANAマイル(9000ANAマイル+10800ANAマイル)

ライフカードをどのポイントサイトから申し込むと最もお得なんでしょうか?どこ得で調べてみました(2018/1/5現在の情報です。あと個人的にマイナーなポイントサイトは主観で避けました)

 
ポイントサイト名 円相当 ANAマイル
モバトク 10,000 9000マイル
げん玉 9,900 8910マイル
ハピタス 9,900 8910マイル
GetMoney! 9,700 8730マイル
PONEY 9,000 8100マイル
i2iポイント 9,000 8100マイル

 

ライフカードを公式HPの入会キャンペーンから申し込んでもらえるポイントは、最大でも3000LIFEサンクスプレゼントでした。ポイントサイト経由なら、3000LIFEサンクスポイントに加えて10000円相当=9000ANAマイル貯めることができます。

 

公式HPの条件に加えてポイントサイトのポイントも手に入れる・貯めることができるという破格の条件です。

 

これは申し込まずにはいられないと思います。最大で19800マイル貯まる可能性があるのですから。

 

なお、モバトクでは2018/1/5現在の条件は以下のようになっていました。特にひっかかるのが広告の詳細にある期間の部分で、2017/12/31までが期限でした。が、リンク先の条件では2018/1/1~2018/3/31までがキャンペーンとなっていますので適切にもらえる可能性が高いです。確証を得たい方はモバトクのHPが更新されるのを待ったほうがいいと思います。なお、当方からモバトクには問い合わせています。

 

【獲得条件】 新規カード発行後、翌月末までに5千円(税抜)以上のショッピング利用
対象カード:ライフカード(マスター)

※初めて「ライフカード」に申込みされる方のみ対象
※申込後、120日以内にカード発行された方のみ対象

 

【獲得対象外】
※不備・不正・虚偽・重複・いたずら・キャンセル
※同一ユーザーの二回目以降の発行
※スポンサーに正常な申込みでないと判断された場合

 

【広告の使い方】
広告サイトへアクセス→お申込みはこちらをクリック→カードブランドを選択し次へ→規約を確認後、同意して次へ→必要事項の入力→入力内容の確認→審査→カード到着→カード発行完了→発行後、翌月末までに5千円(税抜)以上のショッピング利用→カード発行後、利用完了!

 

ポイントについて、直接スポンサーサイトへ問合せする事を固く禁じます。問合せた場合、いかなる理由があろうとポイント付与対象外と致します。ご了承ください。

 

 

● 広告の詳細

「プロパーカード新規入会キャンペーン最大12,000円キャンペーン実施中!!」
実施期間:2017年10月1日~2017年12月31日


対象条件
【特典1】2017年10月1日~2017年12月31日に申込み、かつ申込翌月末日までにカード発券いただいた会員さま
【特典1~7】特典?対象のうち、申込月3ヶ月後の月末(2017年10月申込の場合、2018年1月末日まで)までに下表の進呈条件を満たした会員さま
【特典8】カード発行月3ヶ月後の月末までに進呈条件を満たした会員さま"

特典1 ご入会特典 1,000円相当のサンクスポイント(200ポイント)
特典2 カードショッピングご利用特典 最大6,000円相当のサンクスポイント(1200ポイント)
特典3 リボルビング払いご利用特典 2,000円相当のサンクスポイント(400ポイント)
特典4 Apple Pay & iDご利用特典 600円相当のサンクスポイント(120ポイント)
特典5 L-Mallご利用特典 500円相当のサンクスポイント(100ポイント)
特典6 LIFE-Web Deskアプリご登録特典 500円相当のサンクスポイント(100ポイント)
特典7 Amazonショッピングご利用特典 400円相当のサンクスポイント(80ポイント)
特典8 携帯電話料金決済ご登録特典 1,000円相当のサンクスポイント(200ポイント)

 

(以下省略)

そのほか気になるのは以下3点ですね。

  • マスターカードが発行条件になっていること
  • 翌月末までに5千円(税抜)以上のショッピング利用
  • 最新の入会キャンペーンにあった特典9.AUTOリボの記載がないこと

 

最新情報になるまで少し待ったほうが賢明かもしれません。

 

モバトクからライフカードを申し込む方法

今まで書いてきたようにライフカードに関してはポイントサイトから申し込むのが圧倒的にお得です。特に、モバトクから申し込むのが良いです。具体的には以下の手順でモバトクから申し込むことができます。

(1)モバトクに登録する

モバトクの登録はこちらから

(2)モバトクから申し込む

モバトクからの申し込みはこちらから

 

まとめ

ライフカードの入会キャンペーンについては、公式HPの条件は月間10万円以上つかわなくてはならないといった少し難しい面がありました。ただ、ポイントサイトの条件はそれほど難しくなく5000円(税抜)の利用となっています。

 

ポイントサイトの入会キャンペーン、公式HPの入会キャンペーン両方を利用してポイントもしくはANAマイルを貯めてください!