anaマイルとお得な生活

陸マイラー初心者としてanaマイレージ獲得、家電、スマホの細かいこと・悩みごとを書いていきます

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアはどこから、どのポイントサイトから申し込むのがお得か?【2018年1月版】

f:id:saveup:20180107003124j:plain

価値あるサービスを提供してくれているアメリカン・エキスプレス社のスカイトラベラーカードおよびスカイトラベラープレミアカードでポイントをたくさん貯めるための最もお得な申し込み方法をご紹介します。スカイトラベラーカードおよびスカイトラベラープレミアカードは新規入会キャンペーンを展開していますので、今を逃すと手にできるポイント少なくなってしまいますよ!!!

 

スカイトラベラーとスカイトラベラープレミアのご紹介、最もお得な入会方法、カードを持ってからの使い方の順で説明しますが、もう「スカイトラベラーのことはだいたい知ってる」「早く申し込みたい」という方はお得な入会方法まで読み飛ばしてくださいね!

 

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアの特徴は何?

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアのメリットは?

スカイトラベラーカードおよびスカイトラベラープレミアの特徴をズバリ言うと以下のことになります!

  • ポイントを提携航空会社へのマイル移行可能
  • ポイントの有効期限は無期限
  • 100円=1ポイント。特定のものは100円=5ポイント
  • 入会ボーナスポイントで1000ポイント(一般)もしくは5000ポイント(プレミア)ゲット
  • 継続ボーナスポイントも1000ポイント(一般)もしくは5000ポイント(プレミア)ゲット
  • ファーストトラベル・ボーナスポイントでMAX10000ポイント獲得
  • 国内外の空港ラウンジ利用可能!
  • 手荷物無料宅配サービスを利用可能!
  • 旅行傷害保険&航空便遅延費用補償あり
  • 海外旅行先からも日本語で対応「オーバーシーズ・アシスト」
ポイントを提携航空会社へのマイル移行可能

貯めたポイントは以下の航空会社のマイレージプログラムに変えられます。15社あるので好きなところに変えられますね。

残念なのはJALが無いこと。ただ、ブリティッシュエアウェイズならJALの特典航空券に変えられるので、JAL便を利用する場合はブリティッシュエアウェイズですね。

ポイントの有効期限は無期限

アメックスのほかのカードでは、メンバーシップリワードプラスに加入しないとポイントの有効期限がありました。ただ、こちらは自動的にメンバーシップリワードプラスに入っている状態なのでポイントの有効期限は無期限です。

 

メンバーシップリワードプラスへの加入と必要な費用(3000円(税別))が不要なところがいいですね。あ、もちろんANAマイルに変える場合は5000円(税別)が必要なのでお忘れなく。ただ、HP上にプラスへの加入が不要ですというような言葉が書いていないので、3000円はもしかしたらかかるかもしれません。ここも後でコールセンターに確認してみます!

100円=1ポイント。特定のものは100円=5ポイント(プレミア)または100円=3ポイント(一般)

通常は100円で1ポイントが入ります。加えて、以下の条件を満たすと100円につき5ポイント(プレミアの場合)もしくは3ポイント(一般の場合)がもらえますね。

  • 対象航空会社28社の航空券を円建てで対象航空会社のウェブサイトなどから直接カードで購入
  • 対象旅行代理店2社の指定旅行商品を円建てで対象旅行代理店のウェブサイトや指定店舗などから直接カードで購入

航空券を直接Webサイトで買うってことはほぼ無いかと思いきや、ANA日本航空が入っているではないですか?国内線も対象なのか?国内線が対象であれば、かなり楽になりますね。これ、コールセンターに問い合わせてみました。

ズバリ、国内線も対象です。ANA日本航空もどちらもです。

アシアナ航空アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、エア タヒチ ヌイ、ANAエールフランス航空、エティハド航空エバー航空エミレーツ航空オーストリア航空ガルーダ・インドネシア航空カンタス航空キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空スターフライヤータイ国際航空大韓航空チャイナエアラインデルタ航空日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

旅行のほうは以下のような条件になっていますね。

日本旅行の場合は、パッケージツアーやJR・バスのチケットも対象になるんですね。これは使い道がありますね。アップルのほうは対象が少ないですね~。残念。

 

なお、念のため詳細な条件については以下を参照してください。

対象商品・諸条件 - アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのボーナスポイント - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

入会・継続ボーナスポイントでポイントゲット(一般は入会が3000ポイント、継続が1000ポイント、プレミアは入会・継続ともに5000ポイント)

入会については、タイトル通りに申し込みのページに書いてあったりするんですが、継続ボーナスはどうも書きっぷりが悪くて明確なことがわかりません。たどったリンク先にかいてあることもあるので、コールセンターに問い合わせしました。

 

タイトルのとおり、スカイトラベラーは一般で入会時3000ポイント・継続時1000ポイント、プレミアで5000ポイント手に入っちゃいます。毎年のことですから大きいですね。

ファーストトラベル・ボーナスポイントでMAX10000ポイント獲得

毎年増えるボーナスに加えて、入会後1年で対象の航空券もしくはパッケージツアーを買うと最大で10000ポイント手に入ります。プレミアの場合が10000ポイントで、一般の場合が5000ポイントですね。

 

1年という比較的長い期間、また対象も「航空券」だけでなく「日本旅行」での「パッケージツアー」「JRチケット(新幹線も)」あるので、購入チャンスはありそうです。つまりはMAX10000ポイントはほぼ確実に貯めることができるということですね!!!

 

条件は先ほどの100円5ポイント、100円3ポイントと同様ですが、以下になっています。

対象商品・諸条件 - アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのボーナスポイント - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

国内外の空港ラウンジ利用可能!

空港ラウンジが使えてしまいます。国内外の以下のラウンジが使えますよ!

国内

新千歳空港函館空港青森空港秋田空港仙台空港羽田空港成田国際空港新潟空港富山空港中部国際空港小松空港大阪国際空港伊丹空港)、関西国際空港神戸空港岡山空港、広島空港、米子空港山口宇部空港高松空港松山空港徳島空港北九州空港福岡空港長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港那覇空港

 

海外

ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)、韓国 仁川国際空港

さらに言うと、同伴者1名まで無料なので、夫婦の場合は1名だけ持っていればよいですし、お子さんがいる4名の家族の場合は夫婦で2枚もっておけば空港ラウンジが使えてしまいます!

手荷物無料宅配サービスを利用可能!

まだ、試したことはないんですが、スーツケース1個送れてしまいます。行きの電車やバスで苦労してスーツケース持たなくてよくなりますね。あと帰りの疲れている(お父さんやお母さんなど)方には、使い勝手がよいサービスだと思います。

ご自宅―空港間(往復)を、カード会員1名さまにつきスーツケース1個を無料で配送いたします。(羽田空港(国際線利用のみ)、成田国際空港中部国際空港関西国際空港

旅行傷害保険&航空便遅延費用補償

カードを持っていれば自動的に保険が適用されるわけではないですが、旅行代金などをスカイトラベラーもしくはスカイトラベラープレミアで支払えば旅行傷害保険がついてきてしまいます。損害保険会社の保険を見てみても、家族だと10000円ぐらいは軽く超えるので、その意味でもアメックス・グリーンを持っている価値はあるかなと思いますね!

 

本人が海外旅行に行くときに、航空券やパッケージツアーをスカイトラベラーやスカイトラベラープレミアで支払っていると、航空便が遅れたときの臨時で出費した宿泊費・食費も補償してくれるようです。ありがたいですね。

 

加えて手荷物が遅れた場合も衣類など生活必需品も補償してくれます!

海外旅行先からも日本語で対応「オーバーシーズ・アシスト」

プレミアの場合だけにはなりますが、レストランの予約から緊急時まで電話対応してくれます。海外でも安心ですね。

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアで注意するところは年会費と併用不可

まずは、年会費は要注意ですね。

  • 一般の場合で10000円(税別)
  • プレミアの場合で35000円(税別)

 次に注意しなくてはいけないのが、

※アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、アメリカン・エキスプレスが発行するカードをすでにお持ちの方はお申し込みいただけません。

ということで、アメックス・ゴールドなどとは併用できないですね。ここは残念なところです。

スカイ・トラベラー・カードとスカイ・トラベラー・プレミアの違いは何か?

端的に違うところだけピックアップしてみました。内容面はほとんど変わりないですが、特典のレベル(ポイントが3倍と5倍)とかが違っていますね。

 

  スカイトラベラー スカイトラベラープレミア
年会費 年会費 10,000円+消費税 年会費 35,000円+消費税
異なるサービス・補償 航空券購入代金のポイントが3倍 航空券購入代金のポイントが5倍
ご入会時3,000ポイントプレゼント ご入会時5,000ポイントプレゼント
ファーストトラベル・ボーナスポイント
初回に限り5,000ポイントをプレゼント
ファーストトラベル・ボーナスポイント
初回に限り10,000ポイントをプレゼント
ご継続毎に1,000ポイントをプレゼント ご継続毎に5,000ポイントをプレゼント
旅行傷害保険(最高3,000万円 旅行傷害保険(最高5,000万円
- 海外用レンタル携帯電話特別割引
- 海外旅行先での日本語サポート(オーバーシーズ・アシスト)
- キャンセル・プロテクション
ショッピング・プロテクション 年間最高200万円まで補償 ショッピング・プロテクション 年間最高500万円まで補償

 

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアはどのポイントサイトから申し込むのが最もお得か?

スカイ・トラベラー・カードまたはプレミアを持つためにいろんな方法がありますね。思いつくだけでも以下のような感じになります。結論から言ってしまうと、本サイトから申し込むのが最もお得です。

対面で申し込む。最大?ポイント

対面で申し込む場合の最大ポイントはわかりません。公式HPに掲載されている内容と同じ程度でしょうか???

 

アメリカン・エキスプレスのHPから申し込む(一般は特典MAX8000ポイント=8000ANAマイル、ゴールドは特典MAX15000ポイント=15000ANAマイル)

公式HPから申し込むと、上に書いたポイントが手に入ることとなります。

 

一般の場合で、8000ポイント=8000ANAマイル。内訳は入会ポイント(3000ポイント)とファーストトラベル・ボーナスポイント(5000ポイント)。

プレミアの場合で、15000ポイント=15000ANAマイル。内訳は入会ポイント(5000ポイント)とファーストトラベル・ボーナスポイント(10000ポイント)。

 

以下でも、比較条件を同じにするためにファーストトラベル・ボーナスは含んでいます。

ポイントサイトから申し込む(一般で特典MAX8000ポイント+1000モッピーポイント=8900ANAマイル、プレミアで特典MAX15000ポイント+2000モッピーポイント=16800ANAマイル)

申し込むときにどのポイントサイトを経由して申し込むと最もお得なんでしょうか?一般の場合とプレミアの場合で検討してみました。

 

まずは一般の場合、以下の通りでなんですが、この表に乗っている以外にもまだまだあります。ただ、相場感としては1000円=900ANAマイルぐらいになってますね。入会特典で3000ポイント、ファーストトラベル・ボーナス5000ポイントを加えて、8900ANAマイルくらいですね。

ポイントサイト名 付与ポイント 円相当 ANAマイル 合算(ANAマイル)
モッピー 1000 1,000 円 900 8900
ポイントタウン 20000 1,000 円 900 8900
げん玉 10000 1,000 円 900 8900
ちょびリッチ 2000 1,000 円 900 8900
ECナビ 10000 1,000 円 900 8900

 

次にプレミアの場合、以下の通りでなんですが、この表に乗っている以外にもまだまだあります。ただ、相場感としては2000円=1800ANAマイルぐらいになってますね。入会特典で5000ポイント、ファーストトラベル・ボーナス10000ポイントを加えて、16800ANAマイルくらいですね。

ポイントサイト名 付与ポイント 円相当 ANAマイル 合算(ANAマイル)
モッピー 2000 2000円 1800 16800
ポイントタウン 40000 2000円 1800 16800
げん玉 20000 2000円 1800 16800
ちょびリッチ 4000 2000円 1800 16800
GetMoney 20000 2000円 1800 16800

 

モッピーから申し込む方法

実はどちらもモッピーが一番上に来ているので、モッピーで実際にどう申し込んだらよいか説明しますね。

(1)モッピーに登録する

モッピーの登録はこちらから

(2)モッピーから申し込む

 一般(スカイトラベラーカード)の場合

プレミア(スカイトラベラープレミアカード)の場合

ただ、実際に申し込むのは少しあとにしてくださいね。それよりもお得な方法があります!

本サイトから申し込む(一般MAX13500ポイント=13500ANAマイル、プレミアMAX26000ポイント=26000ANAマイル)

ポイントサイトを経由すると最大16800ANAマイル貯まるところでした。でもちょっと待ってください。他にももっとお得な申し込み方法がありますので!

 

それは本サイト経由でスカイトラベラーカード、スカイトラベラープレミアカードに申し込むことです。

 

では、どのくらいポイントがたまるかを見てみましょう。具体的には本サイトから申し込んでもらえると以下のポイントが貯まります!

  • 一般の場合:MAX13500ポイント(入会後3か月で5万円利用)
  • プレミアの場合:MAX26000ポイント(入会後3か月で10万円利用)

 

ポイントサイトを経由するよりもダントツで貯まりますね!

 

ただ、ポイントサイトのところでは利用金額が含まれていませんでした。一般の場合で5万円(500ポイント)、プレミアの場合で10万円(1000ポイント)なので、それらを足したとしてもポイントサイト経由の場合は、

  • 一般の場合:9400ポイント
  • プレミアの場合:17800ポイント

 

もう見ただけで、本サイトから申し込むのがお得だということがわかっていただけると思います。

 

本サイト経由で申し込みをなされたい方は、以下のボタンをクリックしてください。友達紹介させていただきます

友達紹介で申し込む

 

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアをお得に使うためにはどうしたらよいか?

新規入会キャンペーンの条件を満たせるよう使いましょう!

まずは新規入会キャンペーンの条件を満たせるようどんどん使ってください。

具体的にはどうやって使うとよいか?

まず、どの場合も「ファーストトラベル・ボーナス」の利用を前提としているので、なんとしてもこの条件はクリアしましょう。航空券やJR、パッケージツアーも加わるのでなんとか買えると思います!新幹線を利用する方はすぐに条件を満たせると思いますよ。

対象商品・諸条件 - アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのボーナスポイント - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

 

その次に、一般の場合で5万円、プレミアの場合で10万円ですね。期間はどちらも3か月。なので、月々1.7万円ぐらいか、3.3万円ぐらい。もし保険をこの時期に払うのであれば、スカイトラベラーカード、スカイトラベラープレミアカードで支払うとよいでしょう。あとは普段使いで使うのがベストです。大物家電やスマホを買うということでも結構条件に近づけると思います。

 

注意するところはないの?

ただ、ここ大事なんですがアメックス・グリーンで公共料金を支払っても100円で1ポイントにならない場合があるんですよね。具体的にはこんなところです。

ポイント加算対象外の加盟店
放送局
その他
200円=1ポイントで換算される加盟店
水道局
公金・税金・その他

詳細はこちらをみてくださいね。

www.americanexpress.com

 

まとめ

ということで、スカイトラベラーカード、スカイトラベラープレミアカードのメリットと新規入会に向けてどのように申し込むとよいか、申し込んだあとの使い方について説明してきました。スカイトラベラーカード、スカイトラベラープレミアカードの新規入会特典最大26000ポイントを得るためには10万円を使えばよいのですが、3か月で10万円なので楽勝だと思います!(プレミアの場合です。一般の場合は3か月で5万円で最大13500ポイントです)

 

 

本サイト経由で申し込みをなされたい方は、以下のボタンをクリックしてください。友達紹介させていただきます

友達紹介で申し込む