anaマイルとお得な生活

陸マイラー初心者としてanaマイレージ獲得、家電、スマホの細かいこと・悩みごとを書いていきます

エポスカード・エポスゴールドカードはどのポイントサイトから申し込むのがお得か?

f:id:saveup:20180107003515j:plain

マルイで使うと特にお得なエポスカード!このエポスカードのポイントをたくさん貯めるための最もお得な申し込み方法をご紹介します。そのエポスカードが新規入会キャンペーンを展開していますので、今こそ申し込むチャンスです!今を逃すと手にできるポイント少なくなってしまいますよ!!!

 

エポスカードの特徴や基本的なメリットをご紹介して、新規入会キャンペーン、最もお得な入会方法の順で説明しますが、もう「エポスカードのことはだいたい知ってる」「早く申し込みたい」という方は最もお得な入会方法まで読み飛ばしてくださいね!

 

エポスカードだけでなく、エポスカードゴールドも合わせて紹介します!あと、幻のJQエポスカード・ゴールドも紹介できたらいいなって思ってます!

エポスカードの特徴は何?

エポスカードの基本情報

まずはエポスカード・エポスゴールドカードの基本的な内容を説明しますね!

  • 年会費:無料(一般)、5000円(税別・ゴールド)
  • ポイント:エポスポイントで、基本は200円で1ポイント貯まる
  • マイル移行:ANAマイル、JALマイルに移行可能。でも計算上は1ポイントが0.5マイルになってあまりお得感がない。
  • 無料で海外旅行傷害保険(付帯保険)がついてくる。
  • 店頭で使ったり予約をするときにお得!優待を受けられる
  • ショッピングでボーナスポイントが付く!
  • 50万円以上の利用でボーナスポイントが付く!(ゴールドのみ)
  • 選べるポイントアップショップでポイント3倍!(ゴールドのみ)

エポスカードのメリットは?

海外旅行傷害保険が無料でついてくる!(付帯保険)

まずは、海外旅行傷害保険が付いてくるところが大きなメリットですね。しかも自動付帯なので、旅行代金の一部をエポスカードで支払う必要もないです。

 

さらに、無料なのに結構充実した補償内容だと思います。持っているだけでメリットありますね。

保険の種類 エポスカード エポスゴールドカード エポスカードプラチナ
本人 本人 本人 家族
傷害死亡・後遺障害 最高500万円 最高1000万円 最高1億 最高2000万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額) 300万円(1事故の限度額) 300万円(1事故の限度額) 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額) 300万円(1疾病の限度額) 300万円(1疾病の限度額) 200万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額) 2000万円(1事故の限度額) 2000万円(1事故の限度額) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額) 100万円(1旅行・保険期間中の限度額) 1億円(1旅行・保険期間中の限度額) 1億円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額) 100万円(1旅行・保険期間中の限度額) 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)

 

海外旅行傷害保険|クレジットカードはエポスカードも見てくださいね。

 なお、エポスゴールドカードやエポスプラチナカードだと補償内容が異なります。

 

エポスゴールドになると傷害死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用の金額が上がってますね。傷害死亡・後遺障害で1000万円と、エポスカードの倍になっています。

 

エポスプラチナカードに至っては、「ご家族」まで保障対象に入るようですし、金額も大幅にアップしています。なお、「ご家族」の範囲は「対象となる家族の範囲:本会員と生計を共にする6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族」なので、結構対象範囲は広いですね。

店頭で使ったり予約をするときにお得!優待を受けられる!

「エポトクプラザ」に掲載されているお店で使ったり、同じく「エポトクプラザ」に掲載されているチケットを買うときにエポスポイントを通常より多く貯めたり、割引があったりします。

 

店頭での利用に関しては、「全国の飲食店」「遊園地」「カラオケ」「美容院やネイル」「スパ・温泉」で利用できます。

予約での利用に関しては、「舞台・イベント」「レンタカー・カーシェア」「旅行予約・出発でポイントUPや特典」で利用できます。

 

そこそこの優待が掲載されているので、一回試しにエポスカードのご優待ページである「エポトクプラザ」をご覧になられるとよいと思います。

 

epotoku.eposcard.co.jp

 

エポスカード(一般)は還元率最大1.0%でエポスポイント貯めることができる

エポスカードの最大の特徴を説明なので、メリットとは別に説明しますね。

エポスカードは通常は200円で1エポスポイントが貯まります。ただ、リボ払いにしてリボ払いの手数料が発生すると2倍の200円で2エポスポイントが貯まります。還元率は1%ということになりますね!

 

 

エポスゴールドカードだと最大3.0%エポスポイントが貯められる!

通常のエポスカードだと基本的には上のようなポイントになりますが、エポスゴールドカードだとさらにポイントを貯められます!これから説明しますが、最大では3%のエポスポイントを貯められますよ!

 

まずゴールドカードならではの特徴があります。どれは以下の2つです。

  1. 年間利用額が50万円以上でボーナスポイントをもらえる(最大1%ポイント分)
  2. 選べるポイントアップショップでポイントが3倍(最大1%ポイント分付加)
エポスゴールドカードの年間利用額50万円以上でボーナスポイントがもらえる!

エポスゴールドカードは、年間利用額に応じて以下のようなボーナスポイントがもらえるんです。

  1. 50万円以上:2500ポイント(0.5%分)
  2. 100万円以上:10000ポイント(1.0%分)

この1%分が加わるので、リボ払いと合わせて最大2%のポイントがもらえることになります。

選べるポイントアップショップでポイントが3倍

で、次ですが、エポスゴールドカードには「選べるポイントアップショップ」なるものがあります。これを使うと、まさにポイントが3倍もらえるということになります。

もともとが0.5%分なのでその3倍ということで、最大1.5%ということになりますね。ただ、ここでの1.5%は通常0.5%+ボーナスポイント1.0%ということなので、1.0%分のポイントが加わると覚えておいたほうが良いと思います。

 

この選べるポイントアップショップは、その言葉通り自分で選んだ3つの支払い先のポイントが3倍になるので、すべての支払いがポイントアップ対象となるわけではないので注意が必要です。

具体的には以下のサイトに掲載されている支払先がポイントアップ対象となりますが、抜粋してみるとそこそこいろんなショップが対象になるのがわかると思います。一応、対象となる分野を列挙しておきますね。

  • ファッションビル・ショッピングセンター・アウトレット・ディスカウントショップ
  • スーパー・コンビニ・ドラッグストア
  • 家電量販店・ホームセンター
  • ショップ(ファッション・ブランド)
  • ショップ(趣味・生活)
  • ショップ(スポーツ)
  • 公共料金
  • 電話・TV・インターネット
  • 交通(鉄道・飛行機)
  • 自動車関連
  • 旅行代理店
  • ホテル・宿泊
  • レジャー施設・チケット・飲食店
  • 保険
  • 生活その他

 

ということで選べるポイントショップは意外と使えそうな気がしてきませんか?加えて言うと3つのショップを選択する必要はありますが、3か月ごとに変えることができます。なので、保険の支払いなどは年払いにしていれば、この期間は●●保険会社の支払いに選べるポイントアップショップ選ぼう、その次の期間は別の保険会社の支払いにあてよう!とかできますね。3か月ごとに選べるポイントアップショップを変えればさらにポイントが得られてしまいます! 

www.eposcard.co.jp

 

 

 私なりに、注目しているショップは以下のようなところでしょうか?高額支払いが発生しそうなところですね!主観で列挙してみました!全部ではないので、ホームページを参照してご自身の目で確かめてくださいね。

 

改めて見てみると、ティファニーとか、ルイヴィトンが入っているのが最も意外でしたね。

 

出張されることが多い場合は、ANAとかJALをはじめとした国内線の航空券手配、また海外出張が多い方もエールフランスをはじめとした国際線の航空券手配で利用できますね。

 

家族利用でもパッケージツアーでの利用も対象になりそうな旅行代理店(HISとか)があるので、使えそうですね!

 

個人的には「保険」の支払いが対象になっていて、驚きでしたね。保険は結構支払額が大きいのでここでポイントが3倍になるのは大きいと思います!

 

ということで、以下を組み合わせれば最大3%のエポスポイントを獲得できるということになります。

  1. 通常ポイント(0.5%)
  2. リボ払い(+0.5%手数料発生が必要)
  3. 100万円利用で(+最大1.0%)
  4. 選べるポイントアップショップ利用(+1.0%)

こんな感じで貯めたエポスポイントをみなさんは何に使いますか?陸マイラーだとANA

マイルかJALマイルに変えると思います。ANAに変える場合は10000ポイントが5000マイルになります。ポイ探で調べると6000マイル近い交換レートのルートもあるんですが、結構マイナールートで時間もかかるのであまりお勧めできませんね。

 

 エポスゴールドカードだと国内外の空港ラウンジが使える!

 エポスゴールドカードだと国内外の空港のラウンジが使えるというのも見逃せないメリットだと思います。具体的には以下のラウンジが無料で使えますよ。ただ、残念なのは本人のみなので、同伴者は無料になりません。子供とかがいる場合は少し使い勝手が悪いですね。

エポスカードで注意するところはその加入の方法

エポスカードエポスカードゴールドのメリットを説明しましたが、発行方法は気を付けたほうがいいです。

エポスゴールドカードは通常は年会費が5000円かかってしまいます。ですが、エポスカード時代に年間50万円を利用すると、インビテーションが来て「無料」でゴールドカードが発行できてしまいます

つまり無料で空港ラウンジも使えてしまうということで、かなり大きなメリットではないかなと思います。

エポスカードはどこから、どのポイントサイトから申し込むのが最もお得か?

ということで、いろいろとエポスカード・エポスゴールドカードの魅力を説明してきましたが、どうやってカードを発行すると一番お得なんでしょうか?また、どんなポイントサイトを経由して申し込むとお得なんでしょうか?

 

エポスカード・エポスゴールドカードを対面で申し込む。最大?ポイント

正直、マルイなどの店頭での申し込みでどれだけポイントがもらるのか?キャッシュバックがもらえるのかなどはわかりません。基本的に公式サイトから申し込むのと同程度ではないかなと思います。

エポスカード・エポスゴールドカードを公式HPから申し込む(特典MAX5000ポイント=2500ANAマイル)

では、エポスカード・エポスゴールドカードを公式HPから申し込むときにどれだけポイントがもらえるんでしょうか?

www.eposcard.co.jpこの記事を書いている辞典では最大5000ポイントですね。昔は8000ポイントという時代もあったので、少し目減りしてしまった感じですかね。ざっくり新規入会でもらえるポイントの条件を見ておきたいと思います。

新規入会で2000ポイント

エポスカードの発行で、もれなく2000ポイントを貯めることができます。最大5000ポイントと言っているので、残りはどうやって?という疑問がありますね。以下で説明します。

 

ショッピングご利用で500ポイント

2018年2月28日までの間に、1万円以上(税込)での利用が必要です。また。データ到着期限:2018年3月31日までと書いてあるので売上票が加盟店(買ったお店)からエポスカードに3/31までに届いていないといけないですね。ただ、普通の人はコントロールできないので、海外でのショッピングは計算に入れないとかの自衛策が必要かも。

 

ネット通販で500ポイント

対象サイトが決まっていますね。

楽天市場(楽天ブックス楽天トラベル・楽天チケットも対象)

mazon.co.jp

Yahoo!ショッピング

マルイウェブチャネル

Wowma!サイト内「 Brand Square byOIOI 」

対象期間と金額についてはショッピングと同じで、対象期間:2018年2月28日までかつデータ到着期限:2018年3月31日までで、利用金額は1万円以上(税込)となります。

 

携帯料金のカード支払いで1000ポイント

携帯料金はauNTTドコモソフトバンクモバイル、ワイモバイルが対象になります。データ到着期限は2018年3月31日までとなります。

 

プリペイドカードの申込&チャージで500ポイント

エポスVisaプリペイドカードを申し込み、エポスNetにて、エポスカードから対象期間中に10,000円以上チャージする必要があります。また、期間は2018年2月28日までとなっています。

 

キャッシングサービスのご利用枠設定(10万円以上)で250ポイント

カードお申し込み時に、キャッシングサービスのご利用枠設定(10万円以上)されたかたが対象のようです。カード申し込みのあとに2018/3/31までに申し込んでもよいようです。意外ですね。

 

アプリダウンロード&ログインで250ポイント

2018/3/31までにアプリをダウンロードすればポイントが入るようなので、これはやるべきですね!

 

エポスカードをポイントサイトから申し込む(特典MAX7650円相当ポイント+5000ポイント=9385ANAマイル)

エポスカードをどのポイントサイトから申し込むと最もお得なんでしょうか?どこ得で調べてみました(2017/12/30現在の情報です)。

2018/1/13追記

下記ANAマイル換算はメトロポイント経由です。2018/4/1以降は変わってしまいますので注意してください。

 

ポイントサイト名 付与ポイント 円相当 ANAマイル
げん玉 76500 7650円 6885マイル
ちょびリッチ 14500 7250円 6525マイル
ハピタス 7250 7250円 6525マイル
ポイントインカム 70000 7000円 6300マイル
ポイントタウン 130000 6500円 5850マイル

 

エポスカードを申し込んでもらえるポイントは、最大でも8000ポイント程度だったと思います。もちろん時期によってはもう少し高い時期もあったと思います。なので、今の状態なら申し込んでよいでしょう!

 

 

なお、げん玉での条件は以下のようになっていました。特に無理のある条件ではないと思います。

【ポイント獲得条件詳細】

  • キャッシング利用可能枠ありのカード発行

【ポイント無効条件】

  • 即時解約、現在当カードを発行されている方
  • エポスVisaプリペイドカード・エポスETCカードのお申込みの場合
げん玉からエポスカードを申し込む方法

げん玉から申し込むのが良いですね。念のため注意ですが、エポスカードを発行してから50万円程度利用してエポスゴールドカードを発行するのが手数料が無料になるので最もお得です。

(1)げん玉に登録する

げん玉の登録はこちらから

(2)げん玉から申し込む

げん玉からの申し込みはこちらから

 

まとめ

エポスカードの入会キャンペーンについては、1万円利用というのが条件としてありますが、それほど難しくないですね。金額的にも少ないですし。

 

エポスゴールドカードの発行に関しては1年で50万円の利用なので、保険の支払いや旅行代金の支払いに充てることでそれほど無理なく達成できるでしょう!