anaマイルとお得な生活

陸マイラー初心者としてanaマイレージ獲得、家電、スマホの細かいこと・悩みごとを書いていきます

どの航空会社のマイルで貯めるのが良い?

このブログはANAマイル中心に書いていますが、改めて考えてみると「なぜANAマイルがいいんだろう」って気になりますよね。今回は、なぜANAマイルが良いと考えられるか考えてみたいと思います。結論はやっぱりANAマイルですけれどね。

f:id:saveup:20170130211244j:plain

貯まったマイルを何に使う?

日本の大手航空会社で言えばJALANA、海外の航空会社で言えばユナイテッド航空デルタ航空など各社でマイレージのプログラムがあります。で、その中からどの航空会社のマイレージが良いかを選ぶとなると、結構難しいですが、「使う局面」を考えておくことが重要かなと思っています。

 

マイルの特典を国内移動(旅行や移動)で使いたいか、もしくは海外移動(のみ)で使いたいかで大きく分かれるかなと思います。国内移動を選ぶときはほとんど自動的にJALANAかなと思います(もちろん、例外はあってユナイテッド航空ANA国内線の航空券確保できたり、ブリティッシュエアウェイズでJAL国内線の航空券がとれたりもします).

私の場合は、国内移動&海外移動の両方をしたかったので、JALANAかなと自然になりましたね。

 

マイルが貯まらない場合のリスクヘッジ策があるか?

次に考えるべきは、マイルを貯めても「損」になることはないか?もしくはリカバリーができるかということです。私も経験があるのですが、マイルには有効期限があるため3年程度経過するとせっかく貯めたマイルが特典に必要なマイルだけ貯まっておらず消滅してしまうことがあります。そのため、マイルが貯めても使えないんじゃないかと思っている人も多いかと思います。

 

しかし、JALANAの日本国内の航空会社は、後ほど説明する「ポイントサイト」経由でマイルを大量獲得できる手段があるんです。なので、フライトなどで貯めたマイルが十分貯まっていなくてもポイントサイトで大量マイル獲得ができるので、ポイントサイトである程度頑張ればマイルを無駄にすることなく、特典に交換ができるんです。そういった意味でANAJALでマイルを貯めるということはリスクヘッジが可能です。

 

他の航空会社、例えばユナイテッド航空だと、フライトマイルでマイルもたまりますし、日本にいながらクレジットカード利用でマイルも貯められます。が、これにも限度ありいつも他社では「確定的に」マイルを貯められる保証はないんですよね。しかし、ANAJALはポイントサイトがあるので自分が行動さえすればマイルを貯められるので、これはリカバリーができる手段があると言ってよいと思います。また、ANAJALもクレジットカードでマイルを貯めることができるので、幾重にも防衛策をとることが可能です。

 

なので、私は今は日本国内の航空会社のマイルを貯めることとしています。

 

ANAJALではどっちを選ぶか?

ここはどちらでもよいと思います。就航路線があるかないかという観点でもよいと思います。ただ、ANAの場合は現在「ソラチカルート」なる大量にマイルを貯める手段がありますので、こちらの方が現時点ではよいかなと考えています。

 

saveup.hatenablog.com

 

まとめ

各航空会社でマイレージプログラムを提供しております。ただ、その中からリスクヘッジ要素を考えるとANAJALマイレージプログラムが一番良いのではと思っています。中でも現在はANAの方がソラチカルートなるルート経由でかなりマイルを貯められるのでANAマイルが一押しです。

 

 

広告を非表示にする