anaマイルとお得な生活

陸マイラー初心者としてanaマイレージ獲得、家電、スマホの細かいこと・悩みごとを書いていきます

ポイントサイトの基本的な使い方

 

ポイントサイトはいろいろありますね。例えば、

  • ハピタス
  • ちょびリッチ
  • GetMoney
  • ドットマネー

などなど。ただ、基本的にどんなサイトなのかって説明したことないなぁと思いました。自分の復習もかねてポイントサイトの基本的な使い方をまとめてみました。

f:id:saveup:20170806222133p:plain

 

ポイントサイトでは何ができるの?

ポイントサイトでは以下のことができてお得ですね!

  1. 楽天・Yahooショッピング等ショッピングをする際に、楽天ポイントやTポイントに加えてポイントサイト独自のポイントを獲得できる。
  2. 「全額還元」「100%還元」「50%還元」とかいった形で、お得に買い物ができる。全額還元や100%還元であれば、実質タダですね!感覚的には、健康食品や化粧品が多いですね~~~。
  3. クレジットカードや光回線に加入する際など、大量にポイントを獲得できる。
  4. 上のように活用したポイントを現金にかえたり、他のポイントに変えることができ使うことができる

ざっと言ってしまうとこんなところでしょうか?

 

ポイントサイトのリスクはないのか?

まず、どんなリスクがあるか?は考えておいたほうがいいですね!以下はすべて安全なポイントサイトについての言及です。安全なサイトは後で紹介しますよ!

  1. 本当にポイントが貯まるのか?
  2. せっかく貯めたポイントがなくならないか?
  3. 個人情報の管理は大丈夫?

本当にポイントが貯まるのか?

これは大丈夫です。貯まりますよ!全額還元の案件も何度か買ってみましたが、大抵は貯めることができました。

 

 

saveup.hatenablog.com

 

ただ、貯めるためには「条件」があって、この条件を満たしていることが大前提です。しかも、その条件は細かく、小さな字で書いてあるりますが、絶対に読んでください。

 

一番いいのは、その条件を保存してしまうこと。PCからの操作であればPDFに保存したり、スマホからであればスクリーンショット撮って保存しておきましょう!全額還元の場合は、ポイントサイトから購入先の会社に行きますが、そこで書かれている条件(定期で何回買う必要があるか?すぐ解約できるか?)もチェックしてください。

 

また、e-mailが送られてくる場合は捨てないようにしてくださいね。

 

ちょっと注意なのは、ポイントが確定に貯まるまで2か月とかかかる場合がざらにあるので、それまでの我慢が必要ですね。あと、定期購入の場合はポイントが確定になる前に次回購入が来る場合があるので、そのあたりの期間も考える必要ありですね。

 

ただ、いずれにしても条件を満たせば貯まるのでご安心を!

 

せっかく貯めたポイントがなくならないか?

なくなったことありません(笑)。大丈夫です。

 

個人情報の管理は大丈夫?

これは、今まで経験したことがないですね~。なので、基本的に安心だと思います。また、ポイントサイトもこのあたりは配慮があって「プライバシーマーク」を取得していたり、各種団体に入っていたりします。なので、結構安全性はあると思ってよいと思いますよ。プライバシーマークは取得に審査が必要だったりして結構面倒なので。。。

 

どうやってポイントを貯めるのか?

で、どうやって貯めるかといえば、簡単です。ポイントサイトに登録して、ポイントを貯めればいいんです。以下に良いサイトがあるので、登録してみるとよいですよ!

 

ハピタス

ハピタスのことを復習 - anaマイレージとお得な生活

ここからも登録できます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

ちょびリッチ

「ちょびリッチ」はどんなサイト? - anaマイレージとお得な生活

ここからも登録できます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ゲットマネー

GetMoney!(げっとま)利用の注意点 - anaマイレージとお得な生活

 ここからも登録できます。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

 

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

ではでは~

 

ANAマイルを貯めていこう!1月で10万マイルも夢じゃない?

ANAマイルが貯まって国内旅行や海外旅行に行けたらいいな!もっと具体的には旅費なんか節約できたらいいな!とぼんやりと思いながら、「そうだマイル貯めればいいじゃん!」と思い立ち、マイルを貯め始めました。

 

そんな陸マイラーの私が、ポイントやマイルをどうやって貯めてきたのか?どんな点が注意なのか?等々皆さんにも共有できたらなとおもってまとめてみました。もし参考になるところがあればぜひぜひ実践してみてください。実践しないと貯まりません!

f:id:saveup:20170111222328j:plain

初めに考えることや準備はどうしたらよいか?

マイル(ポイント)を貯めるためには、多くの方法があります。そもそもどの航空会社のマイルを貯めるとよいんでしょうか?また、マイルは本当に貯めて使えるの?とかいろんな不安があると思います。まずはそのあたりを説明したいと思います。

 

いったん、ANAマイルを貯めようと思ったら、どのくらい貯めるべきか?貯めたいか?を考えてみませんか?目標があって、それに至る方法を考えるとぐっと実現しやすくなると思います。以下の記事も参考にして目標を立ててみるのはいかがでしょうか?

年にどのくらいマイルを稼ぎますか? - anaマイレージとお得な生活

 

で、その目標を立ててANAマイルを貯めるためにもいくつか準備があるので、準備もしてくださいね。

マイルを貯める最初の準備 - anaマイレージとお得な生活

 

あと、気持ちとしてどんなスタンスで臨むとよさそうかも書いてみましたので参考にどうぞ。

 マイルを貯めるためのスタンス - anaマイレージとお得な生活

  

マイルを貯めていこう!

で、準備ができて次にすることは何か?もうマイルを貯めるしかないですが、そこでも一応貯め方のスタンスはあるかなって思っています。以下のような感じですかね。最初の方ほど自動的な方法、最後に行くほど(4は除く)より意識して貯める方法になります。

  1. ほぼ自動でマイルを貯める方法
  2. 手間をかけずに貯める方法-Extreme Cardの利用
  3. 日常生活で貯める方法-LINE Payの利用
  4. ポイントやマイルの管理の方法
  5. もっとポイントやマイルを貯める方法-ポイントサイトのフル活用

それぞれについて簡単に説明したりリンクを記載しておきますね。

ほぼ自動でマイルを貯める方法

自動ということで手間をほとんどかけずに貯める方法があります。パートナーと協力すれば年間1万マイルも夢ではありません。ANAカードを複数もつことが解です。

自動でマイルを1万マイル貯めるには? - anaマイレージとお得な生活

 

手間をかけずに貯める方法-Extreme Cardの利用

クレジットカードをみなさんはどの程度利用しますか?この金額がかなり多ければ以下で紹介するExtreme Cardだけでマイルがたまってしまうかもしれません。還元率は、1.35%マイルです。

作っておきたいクレカ Extreme Card! - anaマイレージとお得な生活

ただ、Extreme Cardを作っただけではマイルに交換できません。ポイントをGポイント経由で交換することになります。その基本ルートとGポイントについては以下を参照してみてください。

交換ルート-Extreme CardからANAマイルへ - anaマイレージとお得な生活

Gポイントの特徴は? - anaマイレージとお得な生活

 

日常生活で貯める方法-LINE Payの利用

とは言っても、大抵の人はExtreme Cardの利用だけではたまらないと思います。そこででてくるのがLINE Payです。LINE Payは還元率2.12%の現時点で最強のカードだと思います。正確にはクレジットカードではないので、クレジットカードよりは利用制限がありますけれどね。このLINE Payに関してはファミマTカードが必須なので、交換ルートも合わせてみておいてもらえると参考になるかと思います。

※ファミマTカード利用によるLINE Payへのチャージに伴うTポイント付与は2017年4月1日以降なくなるようです。

基本ルート

交換ルート―Line PayからANAマイルへ - anaマイレージとお得な生活

LINE Payについて

LINE Payの申し込みから必要な設定とチャージ - anaマイレージとお得な生活

LineポイントからPexへのポイント交換 - anaマイレージとお得な生活

ファミマTカードについて

作っておきたいファミマTカード - anaマイレージとお得な生活

 

ポイントやマイルの管理の方法

ここまでくると結構、使うべきポイントサイトがいくつか出てきたりして、そろそろポイントやマイルを管理する術があったほうがいいように思います。以下の記事を書いてみましたので参考にどうぞ。

マイルの管理をどうするか? - anaマイレージとお得な生活

ポイントやマイルの管理の落とし穴!? - anaマイレージとお得な生活

 

もっとポイントやマイルを貯める方法-ポイントサイトのフル活用

ここまでの方法は比較的、自動的・生活密着な感じの方法で言わば自然に貯まる・貯める方法でした。これ以上になってくると本当に意識的に「貯める」意識があれば貯められます。具体的にはポイントサイトを活用するという方法です。このポイントサイトを経由すると楽天ポイントやYahooショッピング経由のTポイントも貯められるという2重取りのうまみもあったりします。

 

ポイントサイトとその活用方法については以下を参照してみてください。少し概括的に書いています。

 

概要をつかんでもらえたら具体的なサイトについていくつか紹介しましたので、こちらの記事を参考にマイルを貯める活動に入ってもらえればなと思います。

ハピタス

ハピタスのことを復習 - anaマイレージとお得な生活

ここからも登録できます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

ちょびリッチ

「ちょびリッチ」はどんなサイト? - anaマイレージとお得な生活

ここからも登録できます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ゲットマネー

GetMoney!(げっとま)利用の注意点 - anaマイレージとお得な生活

 ここからも登録できます。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

 

具体的にマイルを貯める方法

上記のポイントサイトを通じて大量に貯めることができます。

ポイントサイトでのマイルの稼ぎ方 - anaマイレージとお得な生活

 

 

大量ではないが着実に貯める方法(基本的には1回限りではない)は以下に書いているので参考にしてみてください。

ポイントサイトも含めて確実にマイルを稼ぐ - anaマイレージとお得な生活

 

 

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアはどこから、どのポイントサイトから申し込むのがお得か?【2018年1月版】

f:id:saveup:20180107003124j:plain

価値あるサービスを提供してくれているアメリカン・エキスプレス社のスカイトラベラーカードおよびスカイトラベラープレミアカードでポイントをたくさん貯めるための最もお得な申し込み方法をご紹介します。スカイトラベラーカードおよびスカイトラベラープレミアカードは新規入会キャンペーンを展開していますので、今を逃すと手にできるポイント少なくなってしまいますよ!!!

 

スカイトラベラーとスカイトラベラープレミアのご紹介、最もお得な入会方法、カードを持ってからの使い方の順で説明しますが、もう「スカイトラベラーのことはだいたい知ってる」「早く申し込みたい」という方はお得な入会方法まで読み飛ばしてくださいね!

 

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアの特徴は何?

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアのメリットは?

スカイトラベラーカードおよびスカイトラベラープレミアの特徴をズバリ言うと以下のことになります!

  • ポイントを提携航空会社へのマイル移行可能
  • ポイントの有効期限は無期限
  • 100円=1ポイント。特定のものは100円=5ポイント
  • 入会ボーナスポイントで1000ポイント(一般)もしくは5000ポイント(プレミア)ゲット
  • 継続ボーナスポイントも1000ポイント(一般)もしくは5000ポイント(プレミア)ゲット
  • ファーストトラベル・ボーナスポイントでMAX10000ポイント獲得
  • 国内外の空港ラウンジ利用可能!
  • 手荷物無料宅配サービスを利用可能!
  • 旅行傷害保険&航空便遅延費用補償あり
  • 海外旅行先からも日本語で対応「オーバーシーズ・アシスト」
ポイントを提携航空会社へのマイル移行可能

貯めたポイントは以下の航空会社のマイレージプログラムに変えられます。15社あるので好きなところに変えられますね。

残念なのはJALが無いこと。ただ、ブリティッシュエアウェイズならJALの特典航空券に変えられるので、JAL便を利用する場合はブリティッシュエアウェイズですね。

ポイントの有効期限は無期限

アメックスのほかのカードでは、メンバーシップリワードプラスに加入しないとポイントの有効期限がありました。ただ、こちらは自動的にメンバーシップリワードプラスに入っている状態なのでポイントの有効期限は無期限です。

 

メンバーシップリワードプラスへの加入と必要な費用(3000円(税別))が不要なところがいいですね。あ、もちろんANAマイルに変える場合は5000円(税別)が必要なのでお忘れなく。ただ、HP上にプラスへの加入が不要ですというような言葉が書いていないので、3000円はもしかしたらかかるかもしれません。ここも後でコールセンターに確認してみます!

100円=1ポイント。特定のものは100円=5ポイント(プレミア)または100円=3ポイント(一般)

通常は100円で1ポイントが入ります。加えて、以下の条件を満たすと100円につき5ポイント(プレミアの場合)もしくは3ポイント(一般の場合)がもらえますね。

  • 対象航空会社28社の航空券を円建てで対象航空会社のウェブサイトなどから直接カードで購入
  • 対象旅行代理店2社の指定旅行商品を円建てで対象旅行代理店のウェブサイトや指定店舗などから直接カードで購入

航空券を直接Webサイトで買うってことはほぼ無いかと思いきや、ANA日本航空が入っているではないですか?国内線も対象なのか?国内線が対象であれば、かなり楽になりますね。これ、コールセンターに問い合わせてみました。

ズバリ、国内線も対象です。ANA日本航空もどちらもです。

アシアナ航空アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、エア タヒチ ヌイ、ANAエールフランス航空、エティハド航空エバー航空エミレーツ航空オーストリア航空ガルーダ・インドネシア航空カンタス航空キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空スターフライヤータイ国際航空大韓航空チャイナエアラインデルタ航空日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

旅行のほうは以下のような条件になっていますね。

日本旅行の場合は、パッケージツアーやJR・バスのチケットも対象になるんですね。これは使い道がありますね。アップルのほうは対象が少ないですね~。残念。

 

なお、念のため詳細な条件については以下を参照してください。

対象商品・諸条件 - アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのボーナスポイント - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

入会・継続ボーナスポイントでポイントゲット(一般は入会が3000ポイント、継続が1000ポイント、プレミアは入会・継続ともに5000ポイント)

入会については、タイトル通りに申し込みのページに書いてあったりするんですが、継続ボーナスはどうも書きっぷりが悪くて明確なことがわかりません。たどったリンク先にかいてあることもあるので、コールセンターに問い合わせしました。

 

タイトルのとおり、スカイトラベラーは一般で入会時3000ポイント・継続時1000ポイント、プレミアで5000ポイント手に入っちゃいます。毎年のことですから大きいですね。

ファーストトラベル・ボーナスポイントでMAX10000ポイント獲得

毎年増えるボーナスに加えて、入会後1年で対象の航空券もしくはパッケージツアーを買うと最大で10000ポイント手に入ります。プレミアの場合が10000ポイントで、一般の場合が5000ポイントですね。

 

1年という比較的長い期間、また対象も「航空券」だけでなく「日本旅行」での「パッケージツアー」「JRチケット(新幹線も)」あるので、購入チャンスはありそうです。つまりはMAX10000ポイントはほぼ確実に貯めることができるということですね!!!

 

条件は先ほどの100円5ポイント、100円3ポイントと同様ですが、以下になっています。

対象商品・諸条件 - アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのボーナスポイント - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

国内外の空港ラウンジ利用可能!

空港ラウンジが使えてしまいます。国内外の以下のラウンジが使えますよ!

国内

新千歳空港函館空港青森空港秋田空港仙台空港羽田空港成田国際空港新潟空港富山空港中部国際空港小松空港大阪国際空港伊丹空港)、関西国際空港神戸空港岡山空港、広島空港、米子空港山口宇部空港高松空港松山空港徳島空港北九州空港福岡空港長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港那覇空港

 

海外

ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)、韓国 仁川国際空港

さらに言うと、同伴者1名まで無料なので、夫婦の場合は1名だけ持っていればよいですし、お子さんがいる4名の家族の場合は夫婦で2枚もっておけば空港ラウンジが使えてしまいます!

手荷物無料宅配サービスを利用可能!

まだ、試したことはないんですが、スーツケース1個送れてしまいます。行きの電車やバスで苦労してスーツケース持たなくてよくなりますね。あと帰りの疲れている(お父さんやお母さんなど)方には、使い勝手がよいサービスだと思います。

ご自宅―空港間(往復)を、カード会員1名さまにつきスーツケース1個を無料で配送いたします。(羽田空港(国際線利用のみ)、成田国際空港中部国際空港関西国際空港

旅行傷害保険&航空便遅延費用補償

カードを持っていれば自動的に保険が適用されるわけではないですが、旅行代金などをスカイトラベラーもしくはスカイトラベラープレミアで支払えば旅行傷害保険がついてきてしまいます。損害保険会社の保険を見てみても、家族だと10000円ぐらいは軽く超えるので、その意味でもアメックス・グリーンを持っている価値はあるかなと思いますね!

 

本人が海外旅行に行くときに、航空券やパッケージツアーをスカイトラベラーやスカイトラベラープレミアで支払っていると、航空便が遅れたときの臨時で出費した宿泊費・食費も補償してくれるようです。ありがたいですね。

 

加えて手荷物が遅れた場合も衣類など生活必需品も補償してくれます!

海外旅行先からも日本語で対応「オーバーシーズ・アシスト」

プレミアの場合だけにはなりますが、レストランの予約から緊急時まで電話対応してくれます。海外でも安心ですね。

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアで注意するところは年会費と併用不可

まずは、年会費は要注意ですね。

  • 一般の場合で10000円(税別)
  • プレミアの場合で35000円(税別)

 次に注意しなくてはいけないのが、

※アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、アメリカン・エキスプレスが発行するカードをすでにお持ちの方はお申し込みいただけません。

ということで、アメックス・ゴールドなどとは併用できないですね。ここは残念なところです。

スカイ・トラベラー・カードとスカイ・トラベラー・プレミアの違いは何か?

端的に違うところだけピックアップしてみました。内容面はほとんど変わりないですが、特典のレベル(ポイントが3倍と5倍)とかが違っていますね。

 

  スカイトラベラー スカイトラベラープレミア
年会費 年会費 10,000円+消費税 年会費 35,000円+消費税
異なるサービス・補償 航空券購入代金のポイントが3倍 航空券購入代金のポイントが5倍
ご入会時3,000ポイントプレゼント ご入会時5,000ポイントプレゼント
ファーストトラベル・ボーナスポイント
初回に限り5,000ポイントをプレゼント
ファーストトラベル・ボーナスポイント
初回に限り10,000ポイントをプレゼント
ご継続毎に1,000ポイントをプレゼント ご継続毎に5,000ポイントをプレゼント
旅行傷害保険(最高3,000万円 旅行傷害保険(最高5,000万円
- 海外用レンタル携帯電話特別割引
- 海外旅行先での日本語サポート(オーバーシーズ・アシスト)
- キャンセル・プロテクション
ショッピング・プロテクション 年間最高200万円まで補償 ショッピング・プロテクション 年間最高500万円まで補償

 

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアはどのポイントサイトから申し込むのが最もお得か?

スカイ・トラベラー・カードまたはプレミアを持つためにいろんな方法がありますね。思いつくだけでも以下のような感じになります。結論から言ってしまうと、本サイトから申し込むのが最もお得です。

対面で申し込む。最大?ポイント

対面で申し込む場合の最大ポイントはわかりません。公式HPに掲載されている内容と同じ程度でしょうか???

 

アメリカン・エキスプレスのHPから申し込む(一般は特典MAX8000ポイント=8000ANAマイル、ゴールドは特典MAX15000ポイント=15000ANAマイル)

公式HPから申し込むと、上に書いたポイントが手に入ることとなります。

 

一般の場合で、8000ポイント=8000ANAマイル。内訳は入会ポイント(3000ポイント)とファーストトラベル・ボーナスポイント(5000ポイント)。

プレミアの場合で、15000ポイント=15000ANAマイル。内訳は入会ポイント(5000ポイント)とファーストトラベル・ボーナスポイント(10000ポイント)。

 

以下でも、比較条件を同じにするためにファーストトラベル・ボーナスは含んでいます。

ポイントサイトから申し込む(一般で特典MAX8000ポイント+1000モッピーポイント=8900ANAマイル、プレミアで特典MAX15000ポイント+2000モッピーポイント=16800ANAマイル)

申し込むときにどのポイントサイトを経由して申し込むと最もお得なんでしょうか?一般の場合とプレミアの場合で検討してみました。

 

まずは一般の場合、以下の通りでなんですが、この表に乗っている以外にもまだまだあります。ただ、相場感としては1000円=900ANAマイルぐらいになってますね。入会特典で3000ポイント、ファーストトラベル・ボーナス5000ポイントを加えて、8900ANAマイルくらいですね。

ポイントサイト名 付与ポイント 円相当 ANAマイル 合算(ANAマイル)
モッピー 1000 1,000 円 900 8900
ポイントタウン 20000 1,000 円 900 8900
げん玉 10000 1,000 円 900 8900
ちょびリッチ 2000 1,000 円 900 8900
ECナビ 10000 1,000 円 900 8900

 

次にプレミアの場合、以下の通りでなんですが、この表に乗っている以外にもまだまだあります。ただ、相場感としては2000円=1800ANAマイルぐらいになってますね。入会特典で5000ポイント、ファーストトラベル・ボーナス10000ポイントを加えて、16800ANAマイルくらいですね。

ポイントサイト名 付与ポイント 円相当 ANAマイル 合算(ANAマイル)
モッピー 2000 2000円 1800 16800
ポイントタウン 40000 2000円 1800 16800
げん玉 20000 2000円 1800 16800
ちょびリッチ 4000 2000円 1800 16800
GetMoney 20000 2000円 1800 16800

 

モッピーから申し込む方法

実はどちらもモッピーが一番上に来ているので、モッピーで実際にどう申し込んだらよいか説明しますね。

(1)モッピーに登録する

モッピーの登録はこちらから

(2)モッピーから申し込む

 一般(スカイトラベラーカード)の場合

プレミア(スカイトラベラープレミアカード)の場合

ただ、実際に申し込むのは少しあとにしてくださいね。それよりもお得な方法があります!

本サイトから申し込む(一般MAX13500ポイント=13500ANAマイル、プレミアMAX26000ポイント=26000ANAマイル)

ポイントサイトを経由すると最大16800ANAマイル貯まるところでした。でもちょっと待ってください。他にももっとお得な申し込み方法がありますので!

 

それは本サイト経由でスカイトラベラーカード、スカイトラベラープレミアカードに申し込むことです。

 

では、どのくらいポイントがたまるかを見てみましょう。具体的には本サイトから申し込んでもらえると以下のポイントが貯まります!

  • 一般の場合:MAX13500ポイント(入会後3か月で5万円利用)
  • プレミアの場合:MAX26000ポイント(入会後3か月で10万円利用)

 

ポイントサイトを経由するよりもダントツで貯まりますね!

 

ただ、ポイントサイトのところでは利用金額が含まれていませんでした。一般の場合で5万円(500ポイント)、プレミアの場合で10万円(1000ポイント)なので、それらを足したとしてもポイントサイト経由の場合は、

  • 一般の場合:9400ポイント
  • プレミアの場合:17800ポイント

 

もう見ただけで、本サイトから申し込むのがお得だということがわかっていただけると思います。

 

本サイト経由で申し込みをなされたい方は、以下のボタンをクリックしてください。友達紹介させていただきます

友達紹介で申し込む

 

スカイ・トラベラー・カード及びプレミアをお得に使うためにはどうしたらよいか?

新規入会キャンペーンの条件を満たせるよう使いましょう!

まずは新規入会キャンペーンの条件を満たせるようどんどん使ってください。

具体的にはどうやって使うとよいか?

まず、どの場合も「ファーストトラベル・ボーナス」の利用を前提としているので、なんとしてもこの条件はクリアしましょう。航空券やJR、パッケージツアーも加わるのでなんとか買えると思います!新幹線を利用する方はすぐに条件を満たせると思いますよ。

対象商品・諸条件 - アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのボーナスポイント - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

 

その次に、一般の場合で5万円、プレミアの場合で10万円ですね。期間はどちらも3か月。なので、月々1.7万円ぐらいか、3.3万円ぐらい。もし保険をこの時期に払うのであれば、スカイトラベラーカード、スカイトラベラープレミアカードで支払うとよいでしょう。あとは普段使いで使うのがベストです。大物家電やスマホを買うということでも結構条件に近づけると思います。

 

注意するところはないの?

ただ、ここ大事なんですがアメックス・グリーンで公共料金を支払っても100円で1ポイントにならない場合があるんですよね。具体的にはこんなところです。

ポイント加算対象外の加盟店
放送局
その他
200円=1ポイントで換算される加盟店
水道局
公金・税金・その他

詳細はこちらをみてくださいね。

www.americanexpress.com

 

まとめ

ということで、スカイトラベラーカード、スカイトラベラープレミアカードのメリットと新規入会に向けてどのように申し込むとよいか、申し込んだあとの使い方について説明してきました。スカイトラベラーカード、スカイトラベラープレミアカードの新規入会特典最大26000ポイントを得るためには10万円を使えばよいのですが、3か月で10万円なので楽勝だと思います!(プレミアの場合です。一般の場合は3か月で5万円で最大13500ポイントです)

 

 

本サイト経由で申し込みをなされたい方は、以下のボタンをクリックしてください。友達紹介させていただきます

友達紹介で申し込む

 

エポスカード・エポスゴールドカードはどのポイントサイトから申し込むのがお得か?

f:id:saveup:20180107003515j:plain

マルイで使うと特にお得なエポスカード!このエポスカードのポイントをたくさん貯めるための最もお得な申し込み方法をご紹介します。そのエポスカードが新規入会キャンペーンを展開していますので、今こそ申し込むチャンスです!今を逃すと手にできるポイント少なくなってしまいますよ!!!

 

エポスカードの特徴や基本的なメリットをご紹介して、新規入会キャンペーン、最もお得な入会方法の順で説明しますが、もう「エポスカードのことはだいたい知ってる」「早く申し込みたい」という方は最もお得な入会方法まで読み飛ばしてくださいね!

 

エポスカードだけでなく、エポスカードゴールドも合わせて紹介します!あと、幻のJQエポスカード・ゴールドも紹介できたらいいなって思ってます!

エポスカードの特徴は何?

エポスカードの基本情報

まずはエポスカード・エポスゴールドカードの基本的な内容を説明しますね!

  • 年会費:無料(一般)、5000円(税別・ゴールド)
  • ポイント:エポスポイントで、基本は200円で1ポイント貯まる
  • マイル移行:ANAマイル、JALマイルに移行可能。でも計算上は1ポイントが0.5マイルになってあまりお得感がない。
  • 無料で海外旅行傷害保険(付帯保険)がついてくる。
  • 店頭で使ったり予約をするときにお得!優待を受けられる
  • ショッピングでボーナスポイントが付く!
  • 50万円以上の利用でボーナスポイントが付く!(ゴールドのみ)
  • 選べるポイントアップショップでポイント3倍!(ゴールドのみ)

エポスカードのメリットは?

海外旅行傷害保険が無料でついてくる!(付帯保険)

まずは、海外旅行傷害保険が付いてくるところが大きなメリットですね。しかも自動付帯なので、旅行代金の一部をエポスカードで支払う必要もないです。

 

さらに、無料なのに結構充実した補償内容だと思います。持っているだけでメリットありますね。

保険の種類 エポスカード エポスゴールドカード エポスカードプラチナ
本人 本人 本人 家族
傷害死亡・後遺障害 最高500万円 最高1000万円 最高1億 最高2000万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額) 300万円(1事故の限度額) 300万円(1事故の限度額) 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額) 300万円(1疾病の限度額) 300万円(1疾病の限度額) 200万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額) 2000万円(1事故の限度額) 2000万円(1事故の限度額) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額) 100万円(1旅行・保険期間中の限度額) 1億円(1旅行・保険期間中の限度額) 1億円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額) 100万円(1旅行・保険期間中の限度額) 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)

 

海外旅行傷害保険|クレジットカードはエポスカードも見てくださいね。

 なお、エポスゴールドカードやエポスプラチナカードだと補償内容が異なります。

 

エポスゴールドになると傷害死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用の金額が上がってますね。傷害死亡・後遺障害で1000万円と、エポスカードの倍になっています。

 

エポスプラチナカードに至っては、「ご家族」まで保障対象に入るようですし、金額も大幅にアップしています。なお、「ご家族」の範囲は「対象となる家族の範囲:本会員と生計を共にする6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族」なので、結構対象範囲は広いですね。

店頭で使ったり予約をするときにお得!優待を受けられる!

「エポトクプラザ」に掲載されているお店で使ったり、同じく「エポトクプラザ」に掲載されているチケットを買うときにエポスポイントを通常より多く貯めたり、割引があったりします。

 

店頭での利用に関しては、「全国の飲食店」「遊園地」「カラオケ」「美容院やネイル」「スパ・温泉」で利用できます。

予約での利用に関しては、「舞台・イベント」「レンタカー・カーシェア」「旅行予約・出発でポイントUPや特典」で利用できます。

 

そこそこの優待が掲載されているので、一回試しにエポスカードのご優待ページである「エポトクプラザ」をご覧になられるとよいと思います。

 

epotoku.eposcard.co.jp

 

エポスカード(一般)は還元率最大1.0%でエポスポイント貯めることができる

エポスカードの最大の特徴を説明なので、メリットとは別に説明しますね。

エポスカードは通常は200円で1エポスポイントが貯まります。ただ、リボ払いにしてリボ払いの手数料が発生すると2倍の200円で2エポスポイントが貯まります。還元率は1%ということになりますね!

 

 

エポスゴールドカードだと最大3.0%エポスポイントが貯められる!

通常のエポスカードだと基本的には上のようなポイントになりますが、エポスゴールドカードだとさらにポイントを貯められます!これから説明しますが、最大では3%のエポスポイントを貯められますよ!

 

まずゴールドカードならではの特徴があります。どれは以下の2つです。

  1. 年間利用額が50万円以上でボーナスポイントをもらえる(最大1%ポイント分)
  2. 選べるポイントアップショップでポイントが3倍(最大1%ポイント分付加)
エポスゴールドカードの年間利用額50万円以上でボーナスポイントがもらえる!

エポスゴールドカードは、年間利用額に応じて以下のようなボーナスポイントがもらえるんです。

  1. 50万円以上:2500ポイント(0.5%分)
  2. 100万円以上:10000ポイント(1.0%分)

この1%分が加わるので、リボ払いと合わせて最大2%のポイントがもらえることになります。

選べるポイントアップショップでポイントが3倍

で、次ですが、エポスゴールドカードには「選べるポイントアップショップ」なるものがあります。これを使うと、まさにポイントが3倍もらえるということになります。

もともとが0.5%分なのでその3倍ということで、最大1.5%ということになりますね。ただ、ここでの1.5%は通常0.5%+ボーナスポイント1.0%ということなので、1.0%分のポイントが加わると覚えておいたほうが良いと思います。

 

この選べるポイントアップショップは、その言葉通り自分で選んだ3つの支払い先のポイントが3倍になるので、すべての支払いがポイントアップ対象となるわけではないので注意が必要です。

具体的には以下のサイトに掲載されている支払先がポイントアップ対象となりますが、抜粋してみるとそこそこいろんなショップが対象になるのがわかると思います。一応、対象となる分野を列挙しておきますね。

  • ファッションビル・ショッピングセンター・アウトレット・ディスカウントショップ
  • スーパー・コンビニ・ドラッグストア
  • 家電量販店・ホームセンター
  • ショップ(ファッション・ブランド)
  • ショップ(趣味・生活)
  • ショップ(スポーツ)
  • 公共料金
  • 電話・TV・インターネット
  • 交通(鉄道・飛行機)
  • 自動車関連
  • 旅行代理店
  • ホテル・宿泊
  • レジャー施設・チケット・飲食店
  • 保険
  • 生活その他

 

ということで選べるポイントショップは意外と使えそうな気がしてきませんか?加えて言うと3つのショップを選択する必要はありますが、3か月ごとに変えることができます。なので、保険の支払いなどは年払いにしていれば、この期間は●●保険会社の支払いに選べるポイントアップショップ選ぼう、その次の期間は別の保険会社の支払いにあてよう!とかできますね。3か月ごとに選べるポイントアップショップを変えればさらにポイントが得られてしまいます! 

www.eposcard.co.jp

 

 

 私なりに、注目しているショップは以下のようなところでしょうか?高額支払いが発生しそうなところですね!主観で列挙してみました!全部ではないので、ホームページを参照してご自身の目で確かめてくださいね。

 

改めて見てみると、ティファニーとか、ルイヴィトンが入っているのが最も意外でしたね。

 

出張されることが多い場合は、ANAとかJALをはじめとした国内線の航空券手配、また海外出張が多い方もエールフランスをはじめとした国際線の航空券手配で利用できますね。

 

家族利用でもパッケージツアーでの利用も対象になりそうな旅行代理店(HISとか)があるので、使えそうですね!

 

個人的には「保険」の支払いが対象になっていて、驚きでしたね。保険は結構支払額が大きいのでここでポイントが3倍になるのは大きいと思います!

 

ということで、以下を組み合わせれば最大3%のエポスポイントを獲得できるということになります。

  1. 通常ポイント(0.5%)
  2. リボ払い(+0.5%手数料発生が必要)
  3. 100万円利用で(+最大1.0%)
  4. 選べるポイントアップショップ利用(+1.0%)

こんな感じで貯めたエポスポイントをみなさんは何に使いますか?陸マイラーだとANA

マイルかJALマイルに変えると思います。ANAに変える場合は10000ポイントが5000マイルになります。ポイ探で調べると6000マイル近い交換レートのルートもあるんですが、結構マイナールートで時間もかかるのであまりお勧めできませんね。

 

 エポスゴールドカードだと国内外の空港ラウンジが使える!

 エポスゴールドカードだと国内外の空港のラウンジが使えるというのも見逃せないメリットだと思います。具体的には以下のラウンジが無料で使えますよ。ただ、残念なのは本人のみなので、同伴者は無料になりません。子供とかがいる場合は少し使い勝手が悪いですね。

エポスカードで注意するところはその加入の方法

エポスカードエポスカードゴールドのメリットを説明しましたが、発行方法は気を付けたほうがいいです。

エポスゴールドカードは通常は年会費が5000円かかってしまいます。ですが、エポスカード時代に年間50万円を利用すると、インビテーションが来て「無料」でゴールドカードが発行できてしまいます

つまり無料で空港ラウンジも使えてしまうということで、かなり大きなメリットではないかなと思います。

エポスカードはどこから、どのポイントサイトから申し込むのが最もお得か?

ということで、いろいろとエポスカード・エポスゴールドカードの魅力を説明してきましたが、どうやってカードを発行すると一番お得なんでしょうか?また、どんなポイントサイトを経由して申し込むとお得なんでしょうか?

 

エポスカード・エポスゴールドカードを対面で申し込む。最大?ポイント

正直、マルイなどの店頭での申し込みでどれだけポイントがもらるのか?キャッシュバックがもらえるのかなどはわかりません。基本的に公式サイトから申し込むのと同程度ではないかなと思います。

エポスカード・エポスゴールドカードを公式HPから申し込む(特典MAX5000ポイント=2500ANAマイル)

では、エポスカード・エポスゴールドカードを公式HPから申し込むときにどれだけポイントがもらえるんでしょうか?

www.eposcard.co.jpこの記事を書いている辞典では最大5000ポイントですね。昔は8000ポイントという時代もあったので、少し目減りしてしまった感じですかね。ざっくり新規入会でもらえるポイントの条件を見ておきたいと思います。

新規入会で2000ポイント

エポスカードの発行で、もれなく2000ポイントを貯めることができます。最大5000ポイントと言っているので、残りはどうやって?という疑問がありますね。以下で説明します。

 

ショッピングご利用で500ポイント

2018年2月28日までの間に、1万円以上(税込)での利用が必要です。また。データ到着期限:2018年3月31日までと書いてあるので売上票が加盟店(買ったお店)からエポスカードに3/31までに届いていないといけないですね。ただ、普通の人はコントロールできないので、海外でのショッピングは計算に入れないとかの自衛策が必要かも。

 

ネット通販で500ポイント

対象サイトが決まっていますね。

楽天市場(楽天ブックス楽天トラベル・楽天チケットも対象)

mazon.co.jp

Yahoo!ショッピング

マルイウェブチャネル

Wowma!サイト内「 Brand Square byOIOI 」

対象期間と金額についてはショッピングと同じで、対象期間:2018年2月28日までかつデータ到着期限:2018年3月31日までで、利用金額は1万円以上(税込)となります。

 

携帯料金のカード支払いで1000ポイント

携帯料金はauNTTドコモソフトバンクモバイル、ワイモバイルが対象になります。データ到着期限は2018年3月31日までとなります。

 

プリペイドカードの申込&チャージで500ポイント

エポスVisaプリペイドカードを申し込み、エポスNetにて、エポスカードから対象期間中に10,000円以上チャージする必要があります。また、期間は2018年2月28日までとなっています。

 

キャッシングサービスのご利用枠設定(10万円以上)で250ポイント

カードお申し込み時に、キャッシングサービスのご利用枠設定(10万円以上)されたかたが対象のようです。カード申し込みのあとに2018/3/31までに申し込んでもよいようです。意外ですね。

 

アプリダウンロード&ログインで250ポイント

2018/3/31までにアプリをダウンロードすればポイントが入るようなので、これはやるべきですね!

 

エポスカードをポイントサイトから申し込む(特典MAX7650円相当ポイント+5000ポイント=9385ANAマイル)

エポスカードをどのポイントサイトから申し込むと最もお得なんでしょうか?どこ得で調べてみました(2017/12/30現在の情報です)。

2018/1/13追記

下記ANAマイル換算はメトロポイント経由です。2018/4/1以降は変わってしまいますので注意してください。

 

ポイントサイト名 付与ポイント 円相当 ANAマイル
げん玉 76500 7650円 6885マイル
ちょびリッチ 14500 7250円 6525マイル
ハピタス 7250 7250円 6525マイル
ポイントインカム 70000 7000円 6300マイル
ポイントタウン 130000 6500円 5850マイル

 

エポスカードを申し込んでもらえるポイントは、最大でも8000ポイント程度だったと思います。もちろん時期によってはもう少し高い時期もあったと思います。なので、今の状態なら申し込んでよいでしょう!

 

 

なお、げん玉での条件は以下のようになっていました。特に無理のある条件ではないと思います。

【ポイント獲得条件詳細】

  • キャッシング利用可能枠ありのカード発行

【ポイント無効条件】

  • 即時解約、現在当カードを発行されている方
  • エポスVisaプリペイドカード・エポスETCカードのお申込みの場合
げん玉からエポスカードを申し込む方法

げん玉から申し込むのが良いですね。念のため注意ですが、エポスカードを発行してから50万円程度利用してエポスゴールドカードを発行するのが手数料が無料になるので最もお得です。

(1)げん玉に登録する

げん玉の登録はこちらから

(2)げん玉から申し込む

げん玉からの申し込みはこちらから

 

まとめ

エポスカードの入会キャンペーンについては、1万円利用というのが条件としてありますが、それほど難しくないですね。金額的にも少ないですし。

 

エポスゴールドカードの発行に関しては1年で50万円の利用なので、保険の支払いや旅行代金の支払いに充てることでそれほど無理なく達成できるでしょう!

ライフカードはどのポイントサイトから申し込むのがお得か?【2018年1月版】(更新中)

f:id:saveup:20180105235737p:plain

最近特にポイントサイトで取り上げられることが多いライフカード。入会時も入会後もお得な使い方が満載です。このライフカードのポイントをたくさん貯めるための最もお得な申し込み方法をご紹介します。ライフカードが新規入会キャンペーンを展開していますので、今こそ申し込むチャンスです!今を逃すと手にできるポイント少なくなってしまいますよ!!!

 

ライフカードの特徴や基本的なメリットをご紹介して、新規入会キャンペーン、最もお得な入会方法の順で説明しますが、もう「ライフカードのことはだいたい知ってる」「早く申し込みたい」という方は最もお得な入会方法まで読み飛ばしてくださいね!

 (2018.1.6追記しています)

 

ライフカードの特徴は何?

ライフカードの基本情報

まずはライフカードの基本的な内容を説明しますね!

  • 年会費:無料(永年無料)
  • ポイント:LIFEサンクスポイントで、基本は1000円で1ポイント貯まる。ポイント価値は1ポイント5円。
  • マイル移行:Gポイント経由でANAマイル。dポイント経由でJALマイルに移行可能。ANAには直接交換可能だが、でも計算上は1ポイントが2.5マイルになってあまりお得感がない。
  • 初年度はポイントが1.5倍。翌年度以降も前年の利用金額によってポイントが最大2倍になる特典あり!(ステージ制、後で説明します)
  • 誕生月はポイントが3倍とお得(後で説明します)
  • プログラム期間(1年間)は50万円使うとポイントが300ポイントつく。
  • ポイント有効期限は5年と非常に長い。

 

ライフカードのメリットはポイント制度(ステージ制・誕生月・ボーナスポイント)にあり

ライフカードは継続的に利用する場合、上で書いたようにポイントが貯まるという点でおおきなメリットがあります。特に代表的なポイント制度について書いてみます!

 

ライフカードはステージ制プログラムで最大2倍(プレミアムステージ)とポイントアップ・還元率アップ

 「プログラム期間」の利用金額に応じて、翌年に貯まるポイントが1倍~最大2倍になるとってもお得なポイントアップ制度です。具体的には以下のように倍率が変わります。

  1. 1倍:前年が0円~49万9999円の利用金額
  2. 1.5倍:前年が50万円~99万9999円の利用金額
  3. 1.8倍:前年が100万円~199万9999円の利用金額
  4. 2倍:前年が200万円以上の利用金額

 

2倍は200万円以上なので月々16万7000円以上使わなくてはならないので、結構厳しめですが、1.8倍については100万円以上なので半額の8万4000千円くらい利用すればよいのでなんとか達成できそうな感じですね。

 

なお、初年度は1.5倍です!これはかなりお得ですね。

f:id:saveup:20180105010517p:plain

なお、「プログラム期間」とは入会月の翌月1日から1年間になります。初年度は入会月もプログラム期間に含まれるので、利用金額を積み上げるのに最大13か月ということになるので、初年度は比較的貯めやすいかもしれません。

 

www.lifecard.co.jp

ライフカードは誕生月のポイントが3倍で還元率は1.5%円相当

ライフカード最大のメリットである誕生月3倍のポイント制度。これを使わない手はありません。

 

買えるけれどもポイント対象外にならない、以下のようなものはなるべくライフカードでは買わないほうがいいでしょう。

  • キャッシングのご利用分、カード年会費リボ・分割手数料などは対象外になります。
  • EdyチャージnanacoチャージおよびETCカードご利用分弊社販売のJCBギフトカード購入分は、ポイント付与対象となりません。

 

もちろん、誕生月にまとめて買うように計画を立てることも大事ですが、計画だけではうまくいかないことがあります。なので、ほかの手段も活用するとよいですね。具体的には、次のようにするとかうまく使えると思います。

  1. POSAカードを購入してしまう。(要は家電量販店とかGoogleでつかえるようなプリペイドカード)
  2. au Wallet プリペイドカードにチャージしてしまう。

 

1点目のPOSAカードで、楽天ポイントギフトカードやAmazonギフト券を買うことにすれば有効期間が楽天ポイントギフトで6か月、Amazonギフト券で10年になるので今買わなくてもポイントを貯めることができてしまいます。vプリカもありかもしれません。有効期限は1年ですが。。。

 

2点目のau Walletプリペイドカードにチャージすれば、チャージした分だけポイントを貯めることができちゃいます。なので、誕生月にチャージすればいつもよりお得にポイントを貯められてしまいます。

 

こちらは基本的にはMasterCardとVisaで使えますし、au Walletプリペイドカードで買い物すればWalletポイントが貯まりますね!WalletポイントはANAマイルには交換できませんが、そのままプリペイドカードにチャージできるので、さらにお得に使えてしまいますね!

 

ライフカードで50万円以上使うとさらに300ポイント

ライフカードで年間(プログラム期間)に50万円使うと、ステージ制の特典に加えて300ポイントを貯めることができます

 

なので、先ほどのステージ制と合わせて考えると50万円前年に使っていて、今年も50万円使っていると、1.5倍+300ポイント=0.001×50万円×1.5+300=750+300=1050ポイント貯めることができます。なので、結局2年目は1050/50万円=0.21%となります。もともとが、0.1%なので(1000円につき1ポイントなので)、1.5倍から2.1倍へとパワーアップしてしたことになります。ちなみに100万円前年に使って、今年も100万円使った場合は1.8倍→2.1倍になります。

 

こんな感じでライフカードには通常利用でもかなりお得なポイント制度になっているのがわかると思います。

 

ライフカードで注意するところはANAマイルへの交換と海外旅行保険がないこと

ANAマイルへの交換ルートは実効的に還元率0.36%。誕生月でも1.08%とANAマイラーには不向き

ANAマイルに交換した場合にどれだけのポイントになるかを見てみたいと思いますが、その前に交換ルートを見てみると以下のようになっています。

 

 

基本的には1000円で1LIFEポイントで、これが最終的には3.6ANAマイルになります。ANAマイル還元率からすると0.36%マイルです。誕生月でも3倍の1.08%マイルなのであまりANAマイラーには向きませんね。

 

ただ、ANAマイルには向かないかもしれませんが、実はお得に利用できる交換先があります。AOYAMAギフトカードセットに交換すると、1ポイントが10円相当になるのでかなりお得です。

 

この場合の還元率を計算してみましょう。1000円で1LIFEポイント、1LIFEポイントが10円ということで、結局1000円で10円分が使えるので、還元率としては10/1000=1%ですね。これが、誕生月では3倍になるので3%という還元率になります。なので、こちらのほうがANAマイルよりはお得なように見えますね。もちろん1ANAマイルが10円以上の価値を持つときもあるので一概には言えませんが。。。

 

海外旅行の「保険」はないので注意です!インフォメーション センターがあります

ホームページを見ていると、「海外旅行をサポートする海外アシスタンスサービスLIFE DESK(日本語サービス)」があると記載されています。ただ、よくよく見てもらえればわかると思いますが、「保険」とは一言も書いていません。

このカードを持っても一般に言う海外旅行保険はついてこないので注意です。

f:id:saveup:20180105010618p:plain

 

無料のサービスもありますが、いくつかは有料サービスになっています。ただ、海外に不慣れでレストランを予約しようというときには使えますね!どんなサービスかは下で紹介されているので見てみるとよいと思います。

www.lifecard.co.jp

 

 

 

ライフカードはどこから、どのポイントサイトから申し込むのが最もお得か?

ということで、いろいろとライフカードの魅力を説明してきましたが、どうやってカードを発行すると一番お得なんでしょうか?また、どんなポイントサイトを経由して申し込むとお得なんでしょうか?

 

結論から書いてしまうと、ポイントサイト経由で申し込むのが良いです。早く入会手続に進みたい方は、最もお得な入会方法まで読み飛ばしてくださいね!

 

ライフカードを対面で申し込む。最大?ポイント

正直、店頭での申し込みでどれだけポイントがもらるのか?キャッシュバックがもらえるのかなどはわかりません。基本的に公式サイトから申し込むのと同程度ではないかなと思います。

 

ライフカードを公式HPから申し込む(入会キャンペーンで特典MAX3000ポイント=15000円相当=10800ANAマイル)

では、ライフカードを公式HPから申し込むときにどれだけポイントがもらえるんでしょうか?入会キャンペーンはどんな感じなんでしょうか?

 

この記事を書いている時点では最大3000ポイントですね。円に換算すると15000円相当で、ANAのマイルであれば10800ANAマイルです。2017年12月までは2400ポイント=12000円相当=8550ANAマイル(ポイ探で調べました)なので、結構今はポイントが上がっている状況ですね。

 

では、実際にどんな感じで最大3000ポイントになるのか具体的に見てみたいと思います。なお、ANAマイルへの換算は端数処理などはしてませんのであしからず。

 

特典1.カード発行で200ポイント=1000円相当=720ANAマイル相当

キャンペーン期間(2018年1月1日~2018年3月31日)に申し込み翌月末までにクレジットカードが発行されると200ポイント貯められます!!!これは楽勝ですね!!!

 

特典2.ショッピング利用回数と利用金額に応じて最大1200ポイント=6000ポイント=4320ANAマイル

こちら少し条件が変わっています。詳しく見てみますね。

f:id:saveup:20180105223008p:plain

まず、月間の利用回数についてみてみます。

  1. 月間3回~4回の利用:100ポイント=500円相当=360ANAマイル
  2. 月間5回~9回の利用:100ポイント=500円相当=360ANAマイル
  3. 月間10回以上の利用:200ポイント=1000円相当=720ANAマイル

となっていて1~3の条件を満たすことで最大400ポイント=2000円=1440ANAマイルを貯められます。

 

が、です。例えば1月に1と2の条件を満たした場合、2月に1を満たしても、2を満たしてもポイントはもらえません。2月以降は3を満たさないとポイントもらえません。なので、最も効率的にポイントを貯めるにはある月に集中して利用して10回以上の利用になることです。

 

 次に利用金額についてみますが、考え方は同じです。

  1. 月間合計5万円~10万円未満:200ポイント=1000円相当=720ANAマイル
  2. 月間合計10万円以上:600ポイント=3000円相当=2160ANAマイル

 となっています。同じ考え方なので、例えば1月に条件1を満たしてしまって条件2を満たしていないならば、2月以降は条件1を満たしてもポイントはもらえず条件2までしっかりと使わないとポイントがもらえません。

 

なので、利用金額に関しても最も効率的にポイントを貯めるにはある月に集中利用して、10万円以上の利用になるようにしなけれればなりません

 

なお、期間は入会3か月後の月末までとなります。

 

特典3.カードショッピングをリボルビング払いで利用することで400ポイント=2000円相当=1440ANAマイル

こちらも期間は入会3か月後の月末までになります。

1回払いのご利用を「あとからリボ」に変更した場合も対象となります』と書いているので、比較的少額のものを「あとからリボ」に変更すれば、この条件を簡単にかつ利息が少なく対応できそうですね。

 

2018.1.6追記

リボ払いにした場合の手数料の計算については特典9のところに記載しました。初月にもリボ払いの手数料が発生するので注意してください。

 

特典4.Apple Payまたはライフカ一ドiDでカードショッピングを3000円以上すると120ポイント=600円相当=432ポイント

Apple PayもしくはおサイフケータイのiDも対象のようなので、ライフカードiDを利用して3000円以上利用すれば問題なくポイントが獲得できますね。3000円の対象が税込みなのか、税込みではないのか多少気になるところですが。。。あと、この3000円分が月額の利用金額や利用回数にカウントされるのかも気になります。

 

2018.1.6追記

Apple PayやiDで購入したものも特典2にカウントされるようです。金額も回数も。

 

特典5.L-Mall利用で100ポイント=500円相当=360ANAマイル

L-Mallを利用で100ポイントのことですが、L-Mallの中には楽天やYahooショッピングなど普段使いそうなお店が含まれています。なので、こちらも条件を満たすのは簡単ですね。

 

Apple PayやiD利用と同じくこちらも特典2の利用金額や利用回数にカウントされるのかも気になります。

 

特典6.LIFE-Web Deskアプリをダウンロードの上ログインすると100ポイント=500円相当=360ANAマイル

アプリをダウンロードしてログインすればよいだけなので条件としてはこちらも楽だと思いますね。なおiphoneでもAndroidでもアプリは当然あります。

 

2018.1.6追記

LIFE-Web Deskで購入したものも特典2にカウントされるようです。金額も回数も。

 

特典7.Amazonでのカードショッピングをすると80ポイント=400円相当=288ANAマイル

こちらも有名どころのAmazonでの利用で80ポイントなので達成は難しくないと思いますね。

 

2018.1.6追記

Amazonで購入したものも特典2にカウントされるようです。金額も回数も。Amazonギフトまでは聞けませんでした。

特典8.携帯電話(docomoauソフトバンク)の料金をカード決済登録すると200ポイント=1000円相当=720ANAマイル

こちらも大手キャリアのスマホや携帯を持っている人には楽勝ですね。ただ、カード決済登録という言葉が若干気になりますね。登録だけして支払わなかったとかでもよいのかはちょっと確認が必要かも(実際にはダメでしょうけれどね)

 

2018.1.6追記

登録だけして支払わないというのは対象外のようです。あたりまえですね。

特典9.AUTOリボ登録で600ポイント=3000円相当=2160ANAマイル(注意喚起)

後程詳しく書きますが、結構この特典は危険かもですね。要注意です。

 

AUTOリボはその名の通りすべてがリボ払いになります。リボ払いの場合、利息が付かないように利用限度額までリボ払いの支払い額を上げる技があるのですが、このカードの場合はそれができるか少し心配ですね。最大3万円の支払い額設定になりそうです。

 

リボ払いの要注意事項がわかっている方はAUTOリボ登録をされるとよいかと思います。ライフカードのHPも参照してください。

 

2018.1.6追記

細かいことまで気になったのでコールセンターに電話しました。

  • 特典9はリボ払いの手数料が発生しないと対象にならないそうです。繰り上げ返済してしまうと対象にならないようです。
  • 電話すれば最大5万円の支払い額設定は可能。したがってリボ払いで手数料を発生させないための利用限度額までリボ払い支払い額を上げることは実質できない
  • 電話してリボ払いにかかる手数料計算を初めてしりました。後程説明しますが要注意です。

 

ライフカードのリボ払い手数料の計算方法

ライフカードは三井住友エブリプラスカードやMUFG Mileageplusカード、ANA Visaワイドカードなどと異なりリボ払いにかかる利息(手数料)計算が異なっており注意が必要です。

 

例を用いて説明すると、以下のようになります。

  • 1月30日に1000円利用(リボ払いとします)。そのほかは利用していないものとします。
  • 2月5日に締めます。なので、1/6~2/5の利用金額は1000円。1000円がリボ払いの対象となります。
  • 2月11日前後に請求額が確定する。
  • 1000円に対して実質月利金利1.25%がかかる。そのため、1000×1.25%=12.5円→12円。結果、支払い額は1012円。初月でも利息がかかることと、日割り計算がないことに注意です。
  • 支払日が27の場合は、2月27日に1012円を支払う。

※1000円と少額のため上記のようになりますが、正確なところはリボ払いのシミュレーションを参照してください。あくまでわかりやすいように説明しただけですので、、、

という感じで、エブリプラスカードなどと異なり、利用日から初回の支払日までに対しても利息がかかり、なおかつ日割り計算がないことになります。驚きでした。念のため約款を見てみると以下のようになっていますし、リボ払いの支払いシミュレーションも同様な結果になっています。

 

約款(http://www.lifecard.co.jp/card/kiyaku/master_kiyaku.html)

(4)1.リボルビング払いの場合、会員は、カードショッピングの締切日における日本国内及び日本国外での利用金額(現金価格)の残高(以下「利用残高」という)に対して、実質年率15.0%(実質月利1.25%)の手数料を支払うものとします。ただし、初回分の手数料は、利用の翌日から初回返済日までの日数にかかわらず1か月分とします。

 

リボ払いの支払いシミュレーション

www.lifecard.co.jp

 

一応仕組みはわかったので、100円ぐらい利用して、1円の手数料を発生させるのがいいのかもしれません。が、ちょっと躊躇してしまいますね。。。

 

 

ということで、長々と特典を説明してきましたが、最終的には公式サイトの入会キャンペーンから申し込むと最大3000ポイント=15000円相当=10800ANAマイルが貯まるということになります。

 

が、さらにお得な申し込み方法がありますので公式HPの入会キャンペーンから申し込むのはもう少し待ってください。

 

 

ライフカードを友達紹介経由で申し込む

公式HPを見ると「友達紹介」キャンペーンを展開しています。

www.lifecard.co.jp

f:id:saveup:20180106220331p:plain

友達には5000円分のVプリカギフト、自分には15000円相当のポイントが入ることになります。公式に単純に申し込んだときと、あまり変わらず友達が喜ぶ仕組みになっていますね。

 

ただ、あとで説明しますがポイントサイトから申し込むと自分の手取りはもっと増えます。最大25000円相当まであがるので、こちらを利用しない手はないと思います。以下を読んでくださいね!

 

ライフカードをポイントサイトから申し込む(100000モバトクポイント+3000LIFEサンクスプレゼント=250000円相当(10000円相当+15000円相当)=19800ANAマイル(9000ANAマイル+10800ANAマイル)

ライフカードをどのポイントサイトから申し込むと最もお得なんでしょうか?どこ得で調べてみました(2018/1/5現在の情報です。あと個人的にマイナーなポイントサイトは主観で避けました)

 
ポイントサイト名 円相当 ANAマイル
モバトク 10,000 9000マイル
げん玉 9,900 8910マイル
ハピタス 9,900 8910マイル
GetMoney! 9,700 8730マイル
PONEY 9,000 8100マイル
i2iポイント 9,000 8100マイル

 

ライフカードを公式HPの入会キャンペーンから申し込んでもらえるポイントは、最大でも3000LIFEサンクスプレゼントでした。ポイントサイト経由なら、3000LIFEサンクスポイントに加えて10000円相当=9000ANAマイル貯めることができます。

 

公式HPの条件に加えてポイントサイトのポイントも手に入れる・貯めることができるという破格の条件です。

 

これは申し込まずにはいられないと思います。最大で19800マイル貯まる可能性があるのですから。

 

なお、モバトクでは2018/1/5現在の条件は以下のようになっていました。特にひっかかるのが広告の詳細にある期間の部分で、2017/12/31までが期限でした。が、リンク先の条件では2018/1/1~2018/3/31までがキャンペーンとなっていますので適切にもらえる可能性が高いです。確証を得たい方はモバトクのHPが更新されるのを待ったほうがいいと思います。なお、当方からモバトクには問い合わせています。

 

【獲得条件】 新規カード発行後、翌月末までに5千円(税抜)以上のショッピング利用
対象カード:ライフカード(マスター)

※初めて「ライフカード」に申込みされる方のみ対象
※申込後、120日以内にカード発行された方のみ対象

 

【獲得対象外】
※不備・不正・虚偽・重複・いたずら・キャンセル
※同一ユーザーの二回目以降の発行
※スポンサーに正常な申込みでないと判断された場合

 

【広告の使い方】
広告サイトへアクセス→お申込みはこちらをクリック→カードブランドを選択し次へ→規約を確認後、同意して次へ→必要事項の入力→入力内容の確認→審査→カード到着→カード発行完了→発行後、翌月末までに5千円(税抜)以上のショッピング利用→カード発行後、利用完了!

 

ポイントについて、直接スポンサーサイトへ問合せする事を固く禁じます。問合せた場合、いかなる理由があろうとポイント付与対象外と致します。ご了承ください。

 

 

● 広告の詳細

「プロパーカード新規入会キャンペーン最大12,000円キャンペーン実施中!!」
実施期間:2017年10月1日~2017年12月31日


対象条件
【特典1】2017年10月1日~2017年12月31日に申込み、かつ申込翌月末日までにカード発券いただいた会員さま
【特典1~7】特典?対象のうち、申込月3ヶ月後の月末(2017年10月申込の場合、2018年1月末日まで)までに下表の進呈条件を満たした会員さま
【特典8】カード発行月3ヶ月後の月末までに進呈条件を満たした会員さま"

特典1 ご入会特典 1,000円相当のサンクスポイント(200ポイント)
特典2 カードショッピングご利用特典 最大6,000円相当のサンクスポイント(1200ポイント)
特典3 リボルビング払いご利用特典 2,000円相当のサンクスポイント(400ポイント)
特典4 Apple Pay & iDご利用特典 600円相当のサンクスポイント(120ポイント)
特典5 L-Mallご利用特典 500円相当のサンクスポイント(100ポイント)
特典6 LIFE-Web Deskアプリご登録特典 500円相当のサンクスポイント(100ポイント)
特典7 Amazonショッピングご利用特典 400円相当のサンクスポイント(80ポイント)
特典8 携帯電話料金決済ご登録特典 1,000円相当のサンクスポイント(200ポイント)

 

(以下省略)

そのほか気になるのは以下3点ですね。

  • マスターカードが発行条件になっていること
  • 翌月末までに5千円(税抜)以上のショッピング利用
  • 最新の入会キャンペーンにあった特典9.AUTOリボの記載がないこと

 

最新情報になるまで少し待ったほうが賢明かもしれません。

 

モバトクからライフカードを申し込む方法

今まで書いてきたようにライフカードに関してはポイントサイトから申し込むのが圧倒的にお得です。特に、モバトクから申し込むのが良いです。具体的には以下の手順でモバトクから申し込むことができます。

(1)モバトクに登録する

モバトクの登録はこちらから

(2)モバトクから申し込む

モバトクからの申し込みはこちらから

 

まとめ

ライフカードの入会キャンペーンについては、公式HPの条件は月間10万円以上つかわなくてはならないといった少し難しい面がありました。ただ、ポイントサイトの条件はそれほど難しくなく5000円(税抜)の利用となっています。

 

ポイントサイトの入会キャンペーン、公式HPの入会キャンペーン両方を利用してポイントもしくはANAマイルを貯めてください!